節約 保険&金融

節約まるわかり貯蓄体質になろう♪>節約 保険&金融

 

 

節約 保険&金融>節約 自動車保険

 

節約 自動車保険

自動車保険は年間数万円かかる大きな出費です。できることなら節約したいところですよね。しかし安いだけでいざというときに使えないものでは意味がないので、自分に必要な補償がどんなものなのかを確認してから、節約できるところを節約しましょう。

 

■必ず複数社の見積もりをする
年齢、車種、等級、補償内容が同じでも、保険会社によって年間3万円以上の保険料の違いがあります。 見積もりはできるだけ多くの会社からもらいましょう。通販タイプでも問題ありません。自動車保険は複数の保険会社の一括見積もりが便利でお得です。

 

■等級を上げて保険料を節約
事故を起こす確率の低い人は保険料が安くなります。安全度のランクは「ノンフリート等級」で表わされます。事故を起こした人は3ランク下がり、1年間無事故なら1ランク上がります。最も等級が高いと60%の割引になります。ゴールド免許の人も安くなります。

 

■軽い事故なら自腹で修理
自分の責任で起こした事故の場合、保険の補償で修理すると等級が下がり保険料が上がってしまいます。 自腹の修理代と保険料の増額分を比較して、トクな方を選択しましょう。

 

■安全装置をつける
エアバッグ、横滑り防止装置、イモビライザー、エコカー、衝突安全ボディーなどの安全装置が付いていると保険料が割引されます。

 

■複数契約で節約
車を複数所有している人や、家族も車を持っている場合、同時に契約すると割引が受けられます。

 

 

節約 保険&金融>節約 生命保険

 

節約 自動車保険

ひと世帯あたりの平均生命保険料は、年間61万円とかなりの高額です。保険の見直しをして保険料の節約をしましょう。

 

■よく比較することで保険料を節約
必ず複数の保険を比較してください。 自分ですべてを比較するのは難しいでしょうから、無料で保険の見直しサービスをしている企業がありますので相談してみてください。

 

私も月々10万円近く払っていた保険料を無料保険見直しサービスを利用して見直し、今では2万弱の保険料になりました。助かってます。以後、他のどの方にみてもらっても「凄い腕利きの人が作ったんですね。巧妙に組まれていて、つっこみようがありません。」と保険のプロが皆たじたじになっています。一社の保険会社だけを扱っている人ではなく、複数の保険を取り扱っているところがお勧めです。

 

複数の保険を扱っている保険の見直しサービスはみんなの生命保険アドバイザー生命保険一括見直しです。
無料でファインナンシャルプランナーのアドバイスが受けられます。私は助かりました。

 

■掛け捨て型で保険料を節約
掛け捨て型保険は、保険料が安く、貯蓄型保険は、保険料が高くなっています。もし保険で貯蓄をする必要性を感じなければ、掛け捨て型の方がおトクです。

 

■最低限の補償で保険料を節約
たとえば、独身で養っている家族がいないのに、死亡保障を手厚くする必要はありません。逆に、配偶者が専業主婦(主夫)の場合は死亡時や長期入院のことを考えておく必要があります。また、無駄だと思う特約ははずしておきましょう。

 

■他の補償制度とかぶっていないか確認
死亡した場合、国や職場から補償があることを覚えておきましょう。

  • 定年を迎える前に死亡した場合、 「遺族年金」がもらえます。
  • サラリーマンの場合は「死亡退職金」が支払われます。また、
  • 住宅ローンを組む時たいていの人は団体信用保険に加入していますので、死亡後の住宅ローンは支払う必要はありません。

これを知っておけば、大きすぎる死亡保障の保険料を節約できます。

 

 

節約 保険&金融>節約 ローン

 

節約 ローン

住宅ローンはいかに支払う利息をおさえるかが重要です。 ローンに組み方によっては、もともとの住宅価格よりも金利の方が大きくなることがあります。住宅ローンの節約は節約生活の必須です。

 

■頭金をできるだけ用意して節約
頭金を多く支払うと借入金が少なくて済みます。金利は借入額が大きいほど高くなるので、最初にどれだか払うかが肝心です。
■ローン期間は短めにして節約
日々の支払額が少ないと得した気分になりますが、ローン期間が長くなるほど利息を支払う回数が増えます。ローンはできるだけ短く、生活に無理のない範囲で組みます。場合によっては買う物件の変更も視野に入れましょう。

 

■繰り上げ返済で節約
繰り上げ返済とは、余裕がある時に普段の返済額とは別に返済することです。金利を安くするには、元本を減らす必要がありますが、返済を始めた頃は金利の支払いばかりで元本が減っていないことが珍しくありません。できるだけ早く繰り上げ返済することで、返済期間が短くなり、支払う利息も少なくて済みます。

 

■ローンの相談は住宅販売会社以外にする
住宅ローンの申し込みを住宅販売店でする人が多いのですが、住宅販売店は家の販売を有利にするため、一見月々の支払額が少ない長期のローンをすすめてくる場合があります。住宅ローンの相談は、FPや住宅ローンアドバイザーなど中立的な立場の人にするようにしましょう。

 

 

節約 保険&金融>節約 金融

 

節約 ローン

銀行や証券会社を通じて節約する方法はあるのでしょうか?手数料節約の方法や証券会社の活用法についてご説明します。

 

■ネットバンクを利用して節約
ネット銀行は振込手数料やATM利用料が一般の銀行と比べて安いのがメリットです。 特にセブン銀行の場合、24時間365日ATMでの入出金が無料です。提携ATMが多いので、窓口がなくても困ることはありません。また、預金の金利が高いこともネット銀行の特徴です。都銀や郵便局の数倍高い金利になっています。

 

■株主優待をもらって節約
株を買って株主になると、その企業から割引券や食料品、オリジナルグッズなどの優待品を受け取れます。たとえば、航空会社であれば割引航空券、レジャー施設からは入場券、食品会社からは自社製品がおくられます。株を持っている間はずっともらえるので、よく利用する商品やサービスが優待品になっていないかチェックしてみてください。 ただし、株主優待がもらえても株価が下がれば損をすることは忘れないでくださいね。

 

■債券を買って節約
普通預金や定期預金ではお金はまったくふえないが、株式のようにリスクがある商品にも抵抗がある、という人には、「債券」という選択肢もあります。国債、社債、地方債などの種類があり、基本的に発行元が破たんしない限り元本保証できまった利息が受け取れます。

 

 

節約 保険&金融>節約 貯金

 

節約 ローン

節約の目的は、多くの人が「貯金」と答えます。では、うまく貯金をするには、どのようなコツがあるのでしょうか?

 

<貯金のコツ>

  • 目標を決める
  • 無理をせず長期的計画を立てる
  • 強制的に先取りされるしくみを使う

まず、いつまでに、いくら、何のために貯金するのかを決めておきましょう。貯金はいくらあってもよいのですが、明確な目標がないと月々いくらずつ節約するか計画が立てられません。たとえば、10年後に、600万円、マイホームの頭金に、と決めておけば、1年間に60万円だから月5万円分節約にはげめばよい、と具体的にイメージできます。

 

ここで重要なのは、あまりにも無謀すぎる計画を立てないことです。月収20万円の人が月15万円節約するのは無理があります。目標額が大きければ期間を長くとるか、目標の変更が必要です。目標額から算出するよりも、家計簿をつけて貯金可能額から目標を設定することをおすすめします。貯金をする時に重要なのが、「強制的にもっていかれるしくみ」を取り入れることです。 財形貯蓄の制度を使えば便利です。住宅や年金が目的の財形貯蓄なら、税制面の優遇が受けられます。節約がうまくいって余裕のある時にだけ自分で貯金をする方法は、よほど自己管理能力が高くないと計画どおりに進みません。

 

 

節約 保険&金融>節約 税金

 

節約 ローン

脱税は犯罪ですが、税金を払いすぎないことは節約です。 税金を節約するには手続きが必要ですので、どんなものが対象になるのか覚えておきましょう。

 

■医療費控除で税金を節約
1年間で支払った医療費が10万円を超える世帯は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。病院の診療代・入院代はもちろん、歯の治療、薬代、交通費、鍼治療やマッサージも対象になります。申告の際に必要なので、領収書は必ず保管するようにしましょう。申告期間は毎年2月16日〜3月15日です。計算方法が難しい方は、窓口でアドバイスしてもらえますし、電話相談も可能です。

 

■住宅ローン控除で税金を節約
マイホームを購入または新築した人は、確定申告で控除が受けられます。戻ってくる額は収入やローン金額、家族構成によって変わってきます。たとえば、年収600万円の専業主婦と子ども2人世帯でローンが2000万円だと、10年間で180万円戻ります。また、長期優良住宅を購入した場合や、省エネ、バリアフリー、耐震の改修をした場合は、さらに減税の対象になります。

 

■被害にあって税金を節約
わざと被害にあって節税しようという意味ではないですよ、念のため。 災害や盗難で資産に損害を受けた場合、確定申告で雑損控除を受けることができます。自然災害や火事、盗難や横領が対象になります。ただし詐欺は対象外ですので注意してください。申告には消防署の被災証明書や警察署の盗難証明書が必要です。  

 

 

節約 保険&金融>節節約 クレジットカード

 

節約 ローン

クレジットカードを使って節約できるって、本当でしょうか?

 

■公共料金をカード支払にして節約
電気代、ガス代、水道代、電話、携帯、インターネット、放送料金などの公共料金は、クレジットカードで支払えます。 どうせ払わなければいけないのですから、ポイントがたまる方がおトクです。 たとえば、1%のポイントがたまるカードなら、月1万円で年間1200円分です。

 

■マイルをためて節約
ポイントの代わりにマイルがたまるクレジットカードもあります。 マイルがたまれば無料航空券と交換できます。飛行機をよく利用する人におススメです。

 

■年会費無料のカードを選ぶ
年会費に見合う付帯機能が付いているか、よく確認してください。 基本的には年会費無料のカードがよいでしょう。また、年会費無料の中には、実は初年度だけというものもあるので注意してください。

 

■金利手数料のかかるリボ払いはダメ!
支払方法は基本的に一括にしましょう。リボ払いは月々の支払いが少なくて済みますが、結果的に多くの金利手数料を支払うことになります。ポイント還元率の高いカードは支払方法がリボ払いに設定されていることが多いので要注意です

 

■使いすぎないことが大切
カードの特典には、使うほどおトク感があるものが多いので、つい特典目当てに買い物をしてしまいます。しかし、おまけ目当てで不必要なものを買うのは本末転倒です。

 

関連ページ

節約 食費編
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
節約 光熱費
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
節約 固定費
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
節約 移動費
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
節約 生活費
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
節約 買い物の仕方
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
イベント事 節約方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
生活形態別 節約方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
節約スリム化生活
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。