熱田神宮 観光

旅行 観光>中部地方>愛知 観光>熱田神宮

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮は、伊勢神宮に次ぐ格式高い神社で、正式な創建年は不明だそうですが、113年(景行天皇43年)創建とも言われています。年間650万人ほどの人々が参拝する人気の神社であると共に、古来から、皇室,将軍,戦国武将,実業家などの多くの有力者に篤く信仰されていることでも有名です。

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮内に有る熱田神宮宝物館には、神剣(草薙剣)などの刀剣類などの数々の国宝、国の重要文化財指定の宝物が多数4,000点あまりも所蔵されています。熱田神宮宝物館にある宝物は、全て奉納品であり、熱田神宮が自ら集めたものではないところが凄いところです。

 

源頼朝,足利尊氏,織田信長,前田慶次などの日本の歴史を大きくかえることになった大物武将からの奉納品が多く、歴史マニアにはたまらない知る人ぞ知る秘境です^^v また、小野道風をはじめとする書跡,絵画,彫刻,工芸,和鏡などの宝物も豊富です。そんな熱田神宮に行って来ました♪

 

 

 

 

 

熱田神宮

 

関東人である私は、神宮と聞くと、度々参拝した明治神宮が脳裏に浮かんでしまいますが、ここは愛知県、熱田神宮です。

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮の駐車場に車を停めて、熱田神宮まで少し歩きます。綺麗に整備された道路を歩きます。道路右手には塀がありここからは入れませんが、既に熱田神宮の鎮守の森のようです。

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

熱田神宮

 

めだかが沢山泳いでいます。

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

そしたらそしたら。。。やってくれました。面白い看板発見!!

 

 

 

 

熱田神宮

 

めだかの学校なんだそうです^^; まぁ遊び心って大切ですよね〜〜〜^^ 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

熱田神宮

 

すっごく良い道路です。けっこうな都会の真ん中に、神聖な気が漂う約6万坪の規模の熱田神宮が静かに鎮座しています。守り神なんだなぁと感じます。

 

 

 

熱田神宮

 

熱海神宮と言えば、皇位継承の時に代々受け継がれてきた 鏡 玉 剣 の3つの宝物、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)が奉斎されていることで有名ですよね。ちなみに、三種の神器の一つである八咫鏡は、伊勢の神宮の皇大神宮に。八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)皇居に実物があり奉斎されています。

 

 

 

熱田神宮

 

三種の神器の一つであり熱田神宮に奉斎されている草薙剣は、かつてスサノヲ命(=素盞嗚尊=須佐之男命)が、出雲国で八岐の大蛇(=ヤマタノオロチ)を退治した際に、八岐の大蛇(=ヤマタノオロチ)の尾から取り出した剣で、スサノヲ命(=素盞嗚尊=須佐之男命)が、天照大神に献上し、天孫降臨の際にニニギ尊(=瓊瓊杵尊)に手渡され、その後、皇位の象徴として代々、歴代天皇陛下に受け継がれてきた物です。

 

 

 

熱田神宮

 

日本武尊が、賊に焼き殺されようとする時、神剣(草薙剣)が、草を薙ぎ倒して日本武尊の命を救ったことから、草薙剣と呼ばれるようになり、その地は焼津と呼ばれるようになりました。

 

 

 

熱田神宮

 

日本武尊は婚約者の宮簀媛命に、神剣(草薙剣)を預けます。そして、神剣(草薙剣)を手放した事によって日本武尊は、伊吹山の神の祟りにあい絶命してしまいます。

 

 

 

熱田神宮

 

宮簀媛命は、日本武尊に託された神剣(草薙剣)を生涯独身のまま、ずっと守ってきましたが、今からおよそ一千九百年前、自分が老い衰え先が長くないことを案じた宮簀媛命が、神剣(草薙剣)を社地を定めて祀るようにしたところ、その社地にあった楓樹が自然発火し水田に倒れいつまでも燃え続け水田一帯が熱くなったことからこの地域を 熱田と呼ぶようになりました。

 

 

 

熱田神宮

 

その後、新羅の法師道行により神剣(草薙剣)は盗難にあいましたが、更にその後、無事 天皇家に戻り宮中に祀られていました。しかし686年(朱鳥元年)に神剣(草薙剣)の祟りによって天武天皇がご病気になられたことから、神剣(草薙剣)を熱田の地に戻し、守人七人に護らせながら祀りました。その後、神剣(草薙剣)は熱田神宮にあります。

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮は、伊勢神宮に次ぐ格式高い神社で、正式な創建年は不明だそうですが、113年(景行天皇43年)創建とも言われています。景行天皇の御時代には、土着神として“熱田さん”と親しまれ崇められていたそうです。

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮は、年間650万人ほどの人々が参拝する人気の神社であると共に、古来から、皇室,将軍,戦国武将,実業家などの多くの有力者に篤く信仰されていることでも有名です。

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

熱田市の保存樹に指定されている熱田神宮で2番目に大きい楠のある道を奥に進むと、お清水さまと古くから親しまれている罔象女神(みずはのめのかみ)を祀っている清水社にたどりつきます。清水社は、平景清が清水社の奥で、湧き水が溢れている熱田神宮内の地で目を清めたら、眼病完治したという言い伝えがあることでも有名です。

 

 

 

熱田神宮

 

約6万坪という広大な面積を誇る熱田神宮は、樹齢何百年という大木が、丹念に手入れされて鎮守の森を形成しています。その為、熱田神宮は別名「あつたの杜」とも呼ばれています。楠,欅(けやき),樫(かし),椎(しい),椋(むく),銀杏(いちょう),クロガネモチなどが多く見られます。

 

 

熱田神宮

 

弘法大師(真言宗開祖=空海 774年〜835年)本人の手により植樹されたと伝えられている楠は、樹齢1,000年以上にもなり、特に大きい楠7本は、7本楠 と呼ばれています。弘法大師 手植えによる楠の他にも、ならず梅(花は咲けど実がならない梅)や茶人が愛好する太郎庵椿なども有名です。

 

 

 

熱田神宮

 

手水舎の北にある熱田神宮の中で3番目に大きい楠には、蛇が住んでいて、運が良ければその姿を見ることができます。
大楠に住む蛇のために大楠の根元に卵数個が供えられていて、時々、卵を食べに蛇が出てくるんだそうです。

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮境内には、歴史的見所のある名所が多数あることでも有名です。熱田神宮で4番目に大きい楠の側には、織田信長が、桶狭間の戦いで勝利を得た時に熱田神宮にお礼として奉納した信長塀があります。又、熱田神宮には、名古屋最古の石橋として知られる二十五丁橋があったり、神剣(草薙剣)を新羅の法師道行が盗んだ時にくぐった清雪門が、あかずの門 として残っていたり、見所満載の神社としても有名です。

 

 

熱田神宮

 

 

 

熱田神宮

 

毎年6月5日に行われる熱田神宮最大規模の熱田まつりをはじめ、年間を通して約60ほどの祭事と、約10特殊神事が昔からの形式のまま取りおこなわれています。ご祭神は、伊勢神宮と同じ天照大神です。

 

 

 

 

熱田神宮

 

市民の憩いの場としても人気が高いようです。

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮の入口は、正門(南門)、西門、東門の3箇所があります。熱田神宮は、境内外に本宮・別宮外43社が祀られています。

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮内に有る熱田神宮宝物館には、神剣(草薙剣)などの刀剣類などの数々の国宝、国の重要文化財指定の宝物が多数4,000点あまりも所蔵されていると共に、熱田神宮の歴史を実際の宝物を見ながら知ることができる場所でもあります。しかもこの熱田神宮宝物館にある宝物は、神剣(草薙剣)が祀られていることから特に、刀剣類の奉納が多く、名刀の宝庫としても知られています。

 

 

 

熱田神宮

 

熱田神宮宝物館にある宝物は、全て奉納品であり、熱田神宮が自ら集めたものではないところが凄いところです。源頼朝,足利尊氏,織田信長,前田慶次などの日本の歴史を大きくかえることになった大物武将からの奉納品が多く、歴史マニアにはたまらない知る人ぞ知る秘境です^^v また、小野道風をはじめとする書跡,絵画,彫刻,工芸,和鏡などの宝物も豊富です。

 

関連ページ

名古屋市
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
名古屋城
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
名古屋城内
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
名古屋城内PART2
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。