法隆寺

奈良県 観光>法隆寺

 

日本で最初の世界文化遺産である法隆寺は、飛鳥時代に、奈良県に作られた世界最古の木造建築で、聖徳太子建立七カ寺の一つです。国宝・重要文化財に指定された宝物だけで190点あまりあり、その他、全2,300点あまりの宝物がおかれています。

 

 

そもそも法隆寺は、推古天皇と聖徳太子が、病気平癒を願い寺と仏像の建造を誓祈したものの崩御された用命天皇のご遺志を継ぐ為に、法隆寺(斑鳩寺)と金銅の東の間に安置されている薬師如来を西暦607年に建造し、その後1,400年あまりの伝統あるお寺です。

 

しかし輝かしい歴史を誇る法隆寺にも大変な時代がありました。明治時代の廃仏毀釈により、法隆寺もご他聞にもれず寺院の修復維持が困難となり、宝物300点ほどを皇室に献上し1万円(現在の1億円相当)をおしいただき、そのお金により修復を行ったという歴史があります。皇室に献上されたそれらの宝物の大部分は、今現在、上野国立博物館の法隆寺コーナーにて展示されていて見ることが出来ます。

 

平日祝日を問わず、国内外からの常に大勢の観光客の姿が見られると共に、一歩法隆寺境内に入ると修行僧のお姿もちらちらと見られます。そんな法隆寺に行って来ました!

 

法隆寺

 

 

 

法隆寺>法隆寺 中門

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺境内に入ってまず目立つのが、日本国宝である法隆寺の仁王門(中門)です。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

広々とした境内です。周りを見渡すとこんな感じ。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺 仁王門(中門)を横から見るとこんな感じ。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

そして、法隆寺 仁王門(中門) 正面に立つと見えるのが、木造五重塔として現存世界最古と言われる法隆寺五重塔です。80点あまりもの国宝塑像が見られます。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺五重塔の内壁画は、漆喰を上から塗装したことにより剥落してしまいましたが、法隆寺五重塔の外側は

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺五重塔東面は、維摩経の文殊菩薩と維摩居士の問答の場面、
法隆寺五重塔北面は、釈迦の涅槃の場面、
法隆寺五重塔西面は、分舎利(インド諸国王が釈尊の遺骨を分配)の場面、
南面は弥勒の浄土を表した壁画が見られます。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺 仁王門(中門)の手洗い場。ここで手と口を清めます。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

石造りの見事な竜さんが、清めの水の維持管理をしてくれています。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

階段があるので、ベビーカーの方や、車椅子の方は、ちょっと大変かなぁ。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

この法隆寺 仁王門(中門)、実は、二重門になっています。今現在この法隆寺仁王門(中門)は常に閉じられていて、正面左側の回廊端の入り口から中に入れます。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

寺院内に仏敵が入るのを防ぐ守護神でもある金剛力士像は阿形と吽形の2体を左右に安置するのが一般的です。この法隆寺仁王門(中門)にも阿形と吽形の金剛力士像が安置され寺の保護をしています。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺 仁王門の語源ともなった金剛力士像(金剛力士の別名が仁王)の法隆寺 仁王門(中門)の左側に位置するのが、法隆寺金剛力士(吽形)です。吽形は、怒りを打ちに秘めた表情をしています。吽形は、相次ぐ補修工事により身体部分は木造となってしまいました。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺 金剛力士像 阿形。阿形は、怒りを露骨なまでに表現しています。この阿形は、粘土など土を素材として作った塑像です。金剛力士像は、風雨にさらされる門に安置されるので、日本古来の建造技術である塑像のまま残っているものは貴重です。

 

 

 

法隆寺 中門

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

法隆寺仁王門(中門)は常に閉じられたままなので、ここからは中に入れません。

 

 

 

 

法隆寺 中門

 

とにかく人が多くて、ごにゃごにゃしていたので、右へいかずに法隆寺仁王門(中門)から左側へ進みました。

 

 

 

法隆寺>法隆寺僧坊(法隆寺 三経院)

 

 

法隆寺 三経院

 

法隆寺仁王門(中門)の左(法隆寺西院回廊の西)へ行くと、法隆寺僧坊である法隆寺 三経院があります。聖徳太子の三経義疏(三経典を注釈した)にちなみ、西室の南端部を改造して建てられました。

 

 

 

法隆寺 三経院

 

今現在も毎年夏3ヶ月間(5月16日〜8月15日)に渡り、法隆寺 三経院では、三経(勝鬘経・維摩[経・法華経)講義が開かれています。法隆寺 三経院は、創建時の建物は平安時代に焼失し、鎌倉時代1231年に再建されたもので、寝殿造(平安時代、高貴な身分の高位貴族の住宅の造り)の影響が色濃く見られます。

 

 

 

法隆寺 三経院

 

法隆寺 三経院は、国重要文化財指定になっている阿弥陀如来坐像、持国天、多聞天立像を安置していることでも有名です。

 

 

 

法隆寺 三経院

 

法隆寺仁和門(西門)周辺は、とにかく凄い人でしたが、この辺までくると、静かで、お寺の境内だけあって落ち着きもありホッと一息つけます。

 

 

 

法隆寺 三経院

 

しかし、捨て猫が数百匹くらい そこかしこに居ます。中には子どもを生んでいる猫ちゃんもいて、可愛らしい仔猫がぴょんぴょん跳ね回って遊んでいます。

 

 

 

法隆寺 三経院

 

法隆寺の境内を更に西に向かって歩いて行くと、突き当りに写真に映る長く続く土塀が見えてきて、これが、法隆寺 宝珠院です。 

 

 

 

法隆寺 三経院

 

室町時代に創建された国重要指定文化財である宝珠院本堂堂内には、文殊菩薩騎獅像(これも国重要指定文化財)が安置されています。

 

 

 

法隆寺>法隆寺 西円堂

 

 

法隆寺 西円堂

 

西院伽藍の西隣にある弁天池と、長い土塀壁が印象的な宝珠院、の間にあるこのゆるやかな階段を北に昇って行くと。。。八角造りの西円堂です。

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

この西円堂は、奈良時代に、藤原不比等の妻(橘三千代夫人)の発願により、東大寺の「四聖」の1人と崇敬され大僧正である行基が建立したものです。

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

趣のある重厚な屋根が見えます。

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

人が住んでいるみたいな。。。ここに住みたいなぁ〜。

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

しかし、至る所に猫がいます。

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

さていよいよこの階段を登って西円堂に行きます。

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

この西円堂には、日本国最大級の乾漆像である本尊・薬師如来座像が安置されています。

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

西円堂には、先ほど登ってきた大作りの階段の他に、小さな赴きある階段もあります。この小さな階段の上には、人目見るだけでふわっと周りを優しく包み込むような暖かいお人柄のご年配のお寺職員の方がおられました。

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

法隆寺西円堂の鐘楼は、鎌倉時代以降、病気に悩み苦しむ参拝者が後を絶たず、快復を願って参拝者が奉納した多くの銅鏡の中から262枚を溶かして鐘が造られ、1889年(明治22年)に出来た鐘楼です。

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

そして法隆寺 西円堂東側にあるこの鐘楼は、8時,10時,12時,14時,16時に、それぞれの数だけ鐘が撞かれます。

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

鐘を撞くところを見ることが出来ました。鐘の音は、近くで聞くととても大きく身が震えるほどでした。

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

法隆寺 西円堂は、小高い丘の上にありますので、法隆寺 西円堂からはこのような景色が楽しめます。

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

 

 

 

法隆寺 西円堂

 

西円堂の裏には、このような壁で囲まれた奥に、今は誰も住んでいない結構なつくりの日本家屋があります。壁の所々に中に通じる通り門があります。捨て猫たちは、冬の夜など寒いときは、この家に入って寒さをしのいでいるとのことでした。とっても素敵なところなので、ここに住めればいいのになぁと思いました。マジ住みたい!!

 

関連ページ

信貴生駒スカイライン
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
信貴生駒スカイライン      鐘の鳴る展望台
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
信貴生駒スカイライン      夫婦岩と山頂 展望台
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
信貴生駒スカイライン2
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
平城京跡
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。