埼玉県比企郡吉見町

埼玉 観光>埼玉県比企郡吉見町

 

埼玉県比企郡は、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡ときがわ町、比企郡川島町、比企郡鳩山町の6つの町で構成される埼玉県中南部に位置する田舎町です。埼玉県川越市の川を隔てた隣に位置するのが比企郡川島町であり、埼玉県比企郡は、ベットタウンとして住宅建築も盛んな地域です。

 

埼玉県比企郡吉見町は、埼玉県比企郡の中でも東部に位置する人口約2万人の静かな田舎町です。吉見百穴が有名で、数多くの観光客でにぎわう地でもあります。婚活ブームになってからは、パワースポットとして吉見観音が縁結びの神様として独身女性の間で有名になり、お参りをする独身女性の姿が数多く見られます。そんな埼玉県比企郡吉見町を訪れてみました。

 

 

埼玉 観光>埼玉県比企郡吉見町>吉見百穴

 

 

吉見百穴

 

埼玉県比企郡吉見町に現存する吉見百穴は、古墳時代後期(6〜7世紀)頃に作られた凝灰岩の丘陵斜面(大きな岩)に沢山の穴をあけ、その穴がお墓になっている横穴墓郡の遺跡です。明治20年に発掘されましたが、当時コロボックル(先住民族)の住居跡と言われていました。大正末期になって非常に変わった横穴の墓穴であることが判明しました。

 

国指定史跡に認定され保護されていますが、正直ちょっと怖いと言うか異様な感じを受けます。穴の数は今現在残っているのが219個で、日本最大級の横穴墓郡だそうです。家族ごとに一つの穴に埋葬されたと考えられています。階段が作られているので、上まで上って丹念に穴の中を覗いて見る事も出来ますし、岩の頂上ら付近に木が生い茂っていますが、この辺もちょろっと散策できます。下の方の穴で、鉄格子がはめられている穴には、天然記念物に指定されている珍しいヒカリゴケが自生しています。

 

吉見百穴 埼玉観光

 

この穴は、真っ暗で寒く冷たいです。地下軍需工場跡と書かれた看板がありますが、中に入れます。入るのには結構勇気がいります。現さいたま市にあった中島飛行機工場が、米軍の空襲により壊滅的大打撃を受けたことから、空襲から逃れられる地下軍需工場を吉見百穴に造り、第二次世界大戦中に、地下軍需工場として使われていたそうです。

 

中に入って突き進んでいくと、直径3メートルくらいある大きな穴が3個ありますが、どれも鉄格子ががっちりはめられ、それ以上中に侵入できないようになっています。真っ暗だし、とても恐いです。。。一部の人の間では、吉見百穴の軍需工場跡は、心霊スポットとして秘かな人気があるらしいですよ。。。。わ〜〜〜

 

ここは、お土産も売っていますし、『まがたまペンダント』や『土器』などの手作り体験ができるところです。 車椅子対応トイレや、赤ちゃんのオムツ替えもできる人に優しい場所です。

 

【吉見百穴アクセス方法】 埼玉県比企郡吉見町327 TEL:0493-54-1511
(電車 バス) 東武バス東松山駅から川越観光バス鴻巣免許センター行きで5分「百穴入口」下車
(車)      関越道東松山ICより10分  駐車場無料
吉見百穴観覧料金  中学生以上:300円 小学生:200円
吉見百穴観覧時間  8時30分〜16時30分(17時閉場)

 

 

埼玉 観光>埼玉県比企郡吉見町>パワースポット吉見観音

 

パワースポット吉見観音

 

パワースポットや、婚活成就の願いが叶うとして婚活女性に人気が高い安楽寺(吉見観音)。安楽寺にある吉見観音は、810年〜824年に弘法大師により作られました。埼玉県比企郡吉見町の吉見百穴から徒歩2,3分の場所にあります。パワースポットとして、特に婚活女性に人気の高い安楽寺(吉見岩室観音)ですが歴史があります。

 

弘法大師が作った吉見岩室観音は、岩室観音の裏山に位置していた松山城の松山城主が代々信仰して護持していたそうです。1590年、豊臣秀吉との攻防戦の際、石田三成の手によって、松山城と共に焼失。その後、約350年前の江戸時代前期に杲鏡法印によって再建されました。安楽寺(吉見観音)の起源は、奈良時代の僧行基が聖観音像を安置したのを機に、比企西国三十三所と言って、四国88箇所めぐりを出来ない人の為に弘法大師が、四国八十八箇所の霊地に建てられた本尊を模して作りました。

 

 

パワースポット吉見観音

 

この岩室観音を拝むと、お遍路さんで有名な四国88箇所めぐりをしたのと同じ功徳を得られると言われています。1階の左右には、パワースポットとしても名高い石窟と石仏。今にも壊れそうなかなり急勾配の階段を登って行くと、本堂である2階に出れます。安楽寺(吉見観音)は、平安時代初期の武将坂上田村麻呂が堂宇を創り、平治の乱の後、助命され、このお寺の稚子僧として育った源範頼が、この地の領主になった際に、所領の半分を寄贈して大講堂と、48メートルもの高さの三重塔を建てましたが、(現在は約24メートル)

 

1590年、豊臣秀吉軍の石田光成の手にかかり焼失し、江戸時代前期、杲鏡法印により再興されました。

 

パワースポット
安楽寺(吉見観音)の三重塔は、県指定文化財となって大切に保護されています。

 

 

埼玉 観光>埼玉県比企郡吉見町>松山城址

 

 

松山城址

 

吉見観音の横に何故かむしょうに気になる山道があります。そこを登って行くと。。。。なにやら看板が。。。。

 

 

松山城址

 

ここは、嘗て室町時代からの戦国時代を堂々と見つめ続けてきた難攻不落の城として有名な松山城があった場所でした。埼玉県比企郡吉見町大字南吉見字城山とはここだったんですね。城跡がくっきりと残っていてお城があった情景が浮かぶような場所です。観光客も私たちを除いて3人ほどしかいず、小鳥のさえずりがきこえ心地良い風がさわさわする静かで素敵な地でした。

 

 

松山城址

 

松山城の歴史

  • 1399年(室町時代) 上田友直により築城される。
  •  

  • 1537年 松山城風流合戦。北条氏綱軍が松山城を攻撃するも難波田憲重らが撃退。松山城城主と同盟関係だったが、北条氏綱軍に城を攻め落とされた河越城の上杉朝定の居城となり、松山城は大規模な拡張工事をする。
  •  

  • 1545年、
  • 河越夜戦での河越城奪還の失敗と上杉朝定の敗死による扇谷上杉氏滅亡により松山城は北条氏康にのっとられる。
  •  

  • 1545年、上杉方の上田朝直や太田資正らの活躍により松山城奪還に成功。松山城主になった上田朝直が北条氏側に寝返ったため、再度 北条方の勢力内の城になる。
  •  

  • 1561年 上杉謙信が松山城を奪取し、岩槻城主の太田資正を城代と任命する
  •  

  • 1563年 北条氏康と武田信玄 連合軍により 松山城は陥落し北条氏のものとなる。北条氏のものとなった松山城は、埼玉県比企地方一帯を支配下におくようになる。
  •  

  • 1590年 豊臣秀吉の小田原征伐の際に、前田利家・上杉景勝・真田昌幸・直江兼続らの大群に包囲され松山城は落城。徳川家康の関東入国とともに、松平家広が入城して松山藩を立藩。
  •  

  • 1601年 松山城主 松平忠頼が浜松藩に移封されると同時に廃城となる。埼玉県比企地方一帯が、川越藩の藩領となる。
  •  

  • 1926年  「松山城址」として県の史跡に指定
  •  

  • 2008年  菅谷館跡(嵐山町)、杉山城跡(嵐山町)、小倉城跡(ときがわ町・嵐山町・小川町)とともに 「比企城館跡群」の名称で国の史跡に指定される

 

関連ページ

埼玉県東秩父村
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
埼玉県東秩父村 和紙の里
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
埼玉県 小川町
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
埼玉県富士見市
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
埼玉県比企郡川島町
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。
埼玉県川越市
子連れお出かけした場所を詳細にレポート。日本全国津々浦々、家族でお出かけし随時レポート更新しています♪"観光者&旅行者の生の情報や感想を歯に衣着せ(ず)暴露しちゃっています。