離婚後の生活

有利な離婚/離婚後の生活>離婚後の生活>離婚後に思うこと

 

災害時、あなたと子どもを一番に考え守ってくれるのは・・

 

避難が必要なほどの大地震など何か災害があったときの事を想像してみてください。
特にママと子どもだけの母子家庭の場合、自分たちの事を第一に考え保護してくれる男性がいないのは非常に心細くあり危険でもあります。

 

頼りない男と思うようになってしまった人でもいざ!という時は、一人で乗り切るよりも精神的にも頼りになることがほとんどです。停電やら食糧確保やら目先の安全管理やら怪我の手当てや家の修繕やら子どものケアーや避難先、そしてお金のことも含めて・・・・

 

周囲の人たちに恵まれていて家族同然につきあってくれる知人や仲間がいたとしても、いざという緊急事態には自分と自分の家族を一番真っ先に優先し保護し守ります。あなたたちの事は後回し、もしくは優しい言葉をかけてくれる位はあるかもしれませんが自分の家族でもない者に緊急非常事態時に実質的手助けにも限度がありほぼ皆無といっても過言ではないでしょう。

 

又、緊急非常災害時は犯罪が起き易く、身の危険があります。女性と幼い子どもが真っ先に狙われるのが現実です。正直言って、自分たちの事を真っ先に考え保護してくれる男性がいないのは非常にリスクが高いのが真実です。

 

 

金銭的なこと・・

 

離婚後、たとえ養育費をもらっていたとしても第一の働き手はあなたです。それに余程の高額所得者の人からの養育費でしたら結構な額をもらえる可能性が高いですが、一般的な家庭の夫婦が離婚した場合、養育費も高が知れています。とても生活ができるほどにはならないのが現実です。そして養育費未払いで苦しむ離婚ママが多いのが社会の現実です。そんな状況の中、自分が万が一、病気で入院してしまったり、会社が倒産してしまったり解雇されたりしてしまった場合、収入が減るのは生命に直結する事態になります。

 

医療保険に入るのは当然として、正社員の人は社会保険が完備され失業保険やらもあるので最低限のセーフティーネットははられているのでその点安心です。
しかしパートや自営業の場合、社会保険は無いに等しく、自力で何とか泳いでいかなければ自分のみならず子どもまで路頭に迷わすことになります。今のご時勢、正社員はなかなかありませんし、まして仕事のブランクが有る専業主婦だった子育てママを正社員として雇ってくれるところは絶望的に近いほどないのが現実です。たとて正社員になれたとしても、一部の 特出した知識技術をもっている人か強力なコネが有る人以外は、お給料はとても少ないのが現実です。

 

 

 

子どもが病気や体調不調の時・・・・

 

また子どもが体調悪く学校を休む時なども自分の稼ぎが生活に直結している状況では仕事を休むわけにいきません。信頼できる実親が近く居る場合は見ててもらうことも出来ますが、信頼でき健康状態も良好で時間が空いている親族が近くに居ない場合、病児保育士やベビーシッターなどを雇う必要があり莫大なお金がかかります。中にはとても払うことができないので子どもをそのまま一人で家で休ませたまま仕事に出かけるというケースも多いのが現実です。心配ですし、胸がいたみますよね。。。。。

 

子どもとじっくり向き合って話を聞いてあげたり同じ時間をすごしたいと思っても、仕事に力を入れないといけない状況ではなかなか思うように出来ず子どもに大して罪悪感に似た感情を抱いて引け目を感じてしまうこともでてくるでしょう。

 

しかしながら懸命に働いて自力で生き抜いて自分を育ててくれている親の姿も子どもはしっかりと見てくれています。とはいえ、やはり一人親というのは体力的にも時間的にも精神的にも予想以上に大変なものです。離婚しないで済むのならわざわざ離婚しないほうが断然良いのが現実です。

 

 

上記のような離婚後の生活の現実も知った上で、じっくり考えて後悔しないように離婚するのか、しないのか、決断できると良いですね。

 

 

 

 

関連ページ

養育費
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
母子家庭教育費捻出方法
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
母子家庭 子育て悩み
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
母子家庭とPTA
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
シングルマザーはモテる
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方