離婚後の住居

有利な離婚/離婚後の生活>離婚仕方>離婚後の住居

 

 

1 持ち家の場合

 

ローン完済済みの持ち家であれば、話し合いによって名義変更をしてもらい子どもと住み続けることも良い選択肢の一つですね。

 

 

また、相手名義のローン残債がある持ち家の場合、家賃分が養育費の代わりということで相手にそのままローンを支払ってもらい相手名義のままで住まわせてもらうこともいいでしょう。これまでと変わらない住環境で生活できるメリットがありますが、リスクとして相手がローンをずっと払い続けるという補償がないのでいつ追い出されてもいいように準備をしつつ生活することになります。相手がローン滞納し慌てている母子が結構多いのが現実です。

 

また、相手名義の家に住む場合は、子どもが成人したり独立した日には追いだされるのを前提にして貯金をし来るべき引越しに向けて準備をしておくことが必要になってきます。又、離婚した相手が家の持ち主ということで居場所が知れているのみならず、鍵も所持されているので勝手に入られるリスク等もあります。
養育費不払いの件でも分かるように分かれた相手には冷淡で、自分の子どもさえ保護したり援助する気の無い人がほとんどな上に、「養育費払いたくないのですが子どもとの面会はできますか?」などと弁護士に相談している人が結構多いです。法律的には、養育費不払いでも子どもと面会するのは正当なことと後押ししている弁護士もいるくらいですので注意が必要です。義務を果たさないぐうたらでいい加減な人と会わせ続けるのも子どもの教育上どうかと考えてしまいます。

 

共有名義の家の場合は、相手が勝手に自分の持分を人に売ってしまったということで頭を抱えている母子が多いのも現実です。、共有名義の家は離婚時に任意売却するか、共有名義ではなく片一方の持ち家としローンも組みなおすのが後々のトラブルリスクを考えるとが現実的でしょう。任意売却などの際は、銀行や弁護士に相談すると手続きまでしてもらえます。困った時は、法テラスを利用して相談してみましょう。

 

 

2 実家に戻る

 

金銭的にも環境的にもしっかりした実家がある人は、子どもがいる場合は実家に戻る選択肢が一番良いと思います。金銭的精神的にも親族のサポートも受けられますし、セキュリティ面でも仲の良い親子で双方共に良識を持ち合わせている場合なら実家に戻るのが何かと安心です。

 

ただし親がいざ介護とか病気となった時、全面的に自分が背負う必要が出てくるので介護士を雇ったり、質の良い介護施設に入所させられるだけの資金力がある実家ならばいいでしょうが、そうでない場合、子育てと介護と一人で背負うのは相当きついです。働かなければ直生活が出来なくなる状況での育児と介護はまず共倒れになること必須です。裕福でなく資産も無い場合、実家に戻らなければ親は生活保護など行政支援が受けられる可能性も高いわけですがそれをつぶすことにもなりかねません。

 

また、仲が悪かったり虐待親であった場合は、実家に戻っても良いことは無いように思いますし、子どもにとっても良い環境とはならないでしょう。

 

 

 

3 公団や賃貸住宅を探す

 

公団だったら一人親家庭は優先的に入れますし、今では保証人無しで入れるところも多いのでおすすめですね。

 

また、ネットなどを駆使して民間の賃貸住宅を探して入居するという手もあります。ただ一人親家庭を倦厭して入居許可をしぶる大家さんもいるので探す時に嫌な思いをすることもある覚悟の元、探すと落ち込むことなく進められるでしょう。

 

又、今は程度の良い中古住宅が格安で売られています。ローン返済額が賃貸料よりも安い場合も多々ありますのでじっくり調べてみると良いと思います。ただ持ち家の場合、災害などで家の建て直しや修繕が必要な時も逃げるわけにはいきません。場合によっては二重ローンになり生活がたちいかなくなることも多いです。その点、賃貸住宅なら自分に瑕疵がない場合、引越しすればよいだけなのでリスクヘッジが出来ます。

 

私は信頼関係がある師匠の知人の空き家を格安で貸してもらったこともあります。そういうツテがある人は事情を話して相談してみるのも良いかもしれません。ただし金銭がからんでくることなので信頼関係がないと難しいでしょう。

関連ページ

離婚理由
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚方法
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚後の苗字
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚届 必要書類
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方