離婚届 必要書類

有利な離婚/離婚後の生活>離婚仕方>離婚届 必要書類

 

 

協議離婚の場合

 

夫婦それぞれと証人2人が自筆署名捺印した離婚届を市町村役場に提出すれば離婚成立です。

 

市町村役場に夫婦でもしくはどちらか一方が提出にいく場合は、一応念のために運転免許証、パスポート、もしくは健康保険所とその他住所と名前が確認できるもの1通のみのいずれかの本人確認書類を持参すると間違いがありません。

 

また郵送でも受け付けていますし、第三者に頼んで提出に行ってもらうことも可能で特に身分証明書などは必要ありません。

 

ただし、相手が「離婚届の不受理申出」を本籍地に提出していた場合、残念ながら受理されません。しかし「離婚届の不受理申出」が提出されていなければ犯罪ですが偽装した離婚届でも受理されてしまいます。

 

 

 

調停離婚の場合

 

調停離婚の場合、戸籍謄本(本籍が居住地区と同じ市町村役場の場合は不要)、印鑑、調停調書の謄本を離婚届と一緒に提出することで離婚が成立します。離婚調停成立から10日以内に離婚届を提出し離婚しないと罰金(過料)対象となりますので注意が必要です。

 

 

 

裁判離婚の場合

 

裁判離婚の場合も調停離婚と同様、判決から10日以内に離婚届を提出しないと罰金(過料)対象となりますので期限厳守です。離婚届、戸籍謄本(本籍が居住地区と同じ市町村役場の場合は不要)、印鑑、調停調書の謄本、判決確定証明書(判決確定をに裁判所に申請して交付してもらう)を市町村役場に提出することで離婚できます。

 

 

 

 

残念ながら離婚届を提出しても離婚できない場合があります。
先にも書いたように、相手が「離婚届の不受理申出」を提出した場合、相手がその申請を取り下げるまで離婚届は受理されません。又、子どもがいる場合、子どもの親権者がどちらか決まっていない場合も同様に離婚届が受理されません。

関連ページ

離婚理由
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚方法
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚後の苗字
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚後の住居
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方