離婚理由

有利な離婚/離婚後の生活>離婚仕方>離婚理由

 

 

離婚という結婚契約解除をするにはそれ相応の離婚理由が必要です。

 

離婚理由として法律で定められているものは
1)浮気・不倫(不貞行為)
  肉体関係をもったという証拠が必要
2)悪意の遺棄
  正当な理由無く生活費を入れないとか家を出て行き戻ってこないとか
3)3年以上の生死不明
4)配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないこと
5)その他婚姻を継続し難い重大な事由
 配偶者のDVやモラハラだとしても証拠が必要です。 

  • 医者の診断書(肉体的な怪我などだけでなく、心身症になったとかも有効)や
  • ボイスレコーダーによる会話内容等の録音、
  • 隠しカメラによるDVモラハラ映像記録、
  • 日記(この際、DVやモラハラを受けた時だけ記した日記では離婚裁判時に創作、捏造とされてしまうこともある為、証拠としては不十分です。よって、日々の何気ない日常の記録をもつけていくことが大切です)

 

その他にも、婚姻を継続し難い重大な事由としてよくあげられるのが、性格の不一致、また数年間にわたる性交拒否が多いですが自分が耐えがたい状況で耐え忍んでいた被害者側だったとしても婚姻関係にある状態で不倫をすると、離婚時に慰謝料を請求されたり離婚条件も不利になりますので気をつけましょう。これを悪用し、人を雇ったり、別れさせ屋などを利用したりして、意図的に配偶者に不倫をさせ証拠を握り、自分に有利に離婚をすすめる人も結構多いのが現実です。

 

勤労意欲の欠如、親族との不和、性交異常、虐待、犯罪行為服役、過度の宗教活動なども 婚姻を継続し難い重大な事由としてあげられますが、いずれにしろ証拠が大切です。離婚を考えたらまずはじっくりと証拠を集めることがら始めます。

 

相手に離婚を受け入れてもらえず、また相手に一切の瑕疵が無いような場合でも、数年間別居状態を続け没交渉にすれば実質的な婚姻関係の破綻と認められ離婚できることもあります。

 

いずれにしても弁護士に相談するのが懸命です。有効となる証拠の取り方から教えてもらえます。金銭的に難しい場合は、法テラスや行政の無料相談などを活用するという手もあります。

関連ページ

離婚方法
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚後の苗字
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚後の住居
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方
離婚届 必要書類
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方