妊娠後期

妊娠のことなら!!【妊娠大事典】>妊娠後期|妊娠10ヶ月

妊娠したら!世界認証を総取得【フィネスのサジージュース】

 

 

妊娠後期

 

妊娠10ヶ月とは、妊娠週数36週から妊娠週数39週のことです。いよいよお産が近づいてきました。
入院準備の最終点検をして、家族と緊急時の打ち合わせをしておきましょう。

 

妊娠10ヶ月にもなると赤ちゃんは4頭身になって、体つきもふっくらしています。身長は約50cm、体重は約3100g、スイカほどの大きさです。

 

妊娠10ヶ月になると赤ちゃんが少し骨盤の方に降りてきて、胃の圧迫感がなくなります。頭を骨盤に固定するため、胎動も以前よりは少なく感じるようになります。しかし、赤ちゃんは生れる直前までは動いているものなので、もし全く胎動を感じなかったり、いつもと違う感じがした場合はすぐに受診するようにしましょう。

 

 

妊娠後期

 

胃がすっきりすることで食欲が増すママが多いのですが、妊娠10ヶ月に入ってからの食べすぎには
注意が必要です。この頃には赤ちゃんのすい臓の機能は完成していて、血糖値を調整するホルモンであるインスリンの分泌が始まります。

 

ママが食べすぎて高血糖になると赤ちゃんも高血糖になるため、インスリンを大量に分泌します。インスリンには成長促進作用があるため、赤ちゃんが大きくなりすぎる恐れがあります。巨大児の出産は難産になることが多いのです。 

 

妊娠中の増えすぎる体重増加の対策はこちらにまとめてあります。