妊娠初期

妊娠のことなら!!【妊娠大事典】>妊娠初期|妊娠4ヶ月

妊娠したら!世界認証を総取得【フィネスのサジージュース】

 

 

妊娠初期

 

妊娠4ヶ月とは、妊娠12週から15週までのことです。
妊娠4ヶ月は胎盤が完成し、胎児がぐんぐん成長する
時期です。ママの体型や体調にも変化が訪れます。

 

妊娠4ヶ月の後半には胎盤は完成します。これによって
流産のリスクがぐっと下がります。

 

また、胎盤が完成することで、赤ちゃんはさい帯を通して栄養を摂るようになります。すると成長のスピードが急に上がり、この1ヶ月で 身長は2〜3倍、体重は5〜6倍にもなります。大きさだけでなく、各器官の機能がますます発達します。

 

 

妊娠初期

 

例えば、妊娠4ヶ月頃には、快・不快などの感情をつかさどる脳の間脳や大脳辺縁系と呼ばれる部分の配線が整います。 この頃にはママの精神的なストレスや動揺が赤ちゃんに影響することがあります。また、消化管も働き始め、
羊水を飲んで排泄をするようになります。

 

赤ちゃんが成長するにつれ、子宮の大きさは子供の頭くらいになり、ママのお腹は外から見てもふくらみが分かるようになります。

 

 

妊娠初期

 

また、妊娠4ヶ月頃にはつわりが治まってくるので、
食欲が増してきます。つらい症状から解放されて食事を楽しむことは良いことですが、食べ過ぎによる肥満は「妊娠中毒症」や「妊娠糖尿病」を引き起こします。

 

妊娠中毒症や妊娠糖尿病になると、胎盤の機能が低下して赤ちゃんの発育が遅れたり、早産になってしまう可能性があります。妊娠初期症状が治まっても、体調には十分注意したいですね。

 

妊娠中の増えすぎる体重についてはこちらに詳しく対策が載っています。