妊娠中期

妊娠のことなら!!【妊娠大事典】>妊娠中期|妊娠6ヶ月

妊娠したら!世界認証を総取得【フィネスのサジージュース】

 

妊娠中期

 

妊娠6ヶ月とは、妊娠週数20週から妊娠週数23週までを指します。
妊娠6ヶ月になると赤ちゃんの体は猛スピードで成長し、
ママのお腹も前にせり出すほどになります。

 

腰痛などのマイナートラブルに気をつけながら、胎動や胎教を楽しみたい時期です。 又、妊婦さんの心身も落ち着いてくる頃ですので、今のうちにゆっくりDVD鑑賞を楽しむのも良いでしょう。赤ちゃんが生まれたら少なくとも5年間は、自分の時間なんてありませんから。

 

 

妊娠6ヶ月の赤ちゃんは、身長は約30cm、体重は700gほどです。
超音波の画面にも入りきらないようになってきます。また、同時に体の大きさに個人差が出てくる頃です。筋肉や骨格がますますしっかりしてきて、子宮内で活発に動くようになるので、胎動がはっきりと分かります。

 

 

妊娠中期

 

 

体をぐるっと回転させるローリングをよく行います。もし検診時に逆子でも、また回転してすぐ元に戻るので、この時点で逆子かどうかは
心配することはありません。

 

妊娠6ヶ月になると性腺が発達し、男の子・
女の子それぞれの外性器が完成するので、
性別の判定が可能です。

 

妊娠中期

 

 

さて、妊娠6ヶ月になるとママのお腹も大きくせり出してきます。そのため腰痛や背中の痛みを感じたり、太ももの付け根やふくらはぎがつったりするマイナートラブルが増えてきます。これらのマイナートラブルは特に下半身を鍛えることによって解消しやすいので、ヨガやスイミング、ウォーキングなど適度な運動を取り入れてみましょう。ただし、お腹がはったらすぐに休息をしてください。