妊娠 悩み

妊娠のことなら!!【妊娠大事典】>妊娠39週迄の母体と胎児

 

 

妊娠32週

 

妊娠32週

妊娠32週は、妊娠9カ月の最初の週です。妊娠9カ月に入ったら、産休や里帰りをする人も出てくる頃でしょう。妊娠初期には2頭身だった赤ちゃんは、妊娠32週くらいでは4頭身になっています。お母さんには初乳が出始める人も。妊娠32週の赤ちゃんは身長43cm〜44cmほど。体重は個人差が大きいのですが、1400g〜2100gくらいです。羊水の量がピークを迎え、子宮内で赤ちゃんの体積が占める割合が大きくなります。皮下脂肪がだいぶ蓄えられ、血液は全身に行き渡っています。それまでの赤ちゃんの体表はどちらかと言うと透明だったのですが、ピンクっぽい半透明になってきます。おしっこもしょっちゅうしていますよ。

 

妊娠32週にもなると子宮はずいぶん大きくなっているので、お母さんの胃や腸や肺を圧迫して様々な症状があらわれます。まず、胃が圧迫されて食欲がなくなり、ゲップや胸やけがします。また、腸が圧迫されて多くの人が便秘になります。さらに、横隔膜が押し上げられて肺に十分空気を吸い込むことが難しくなり、息切れがします。少しずつこまめに食事をする、便秘に良い食生活、疲れたらすぐ休むなどの習慣を心がけて乗り切りましょう。妊娠32週くらいはいろいろと大変ですが、妊娠37週や妊娠38週あたりになってくると赤ちゃんが骨盤の中に下がってくるので、少し楽になりますよ。

 

 

妊娠33週

 

妊娠33週

妊娠33週は、妊娠9カ月の2週目です。妊娠33週頃には、赤ちゃんは骨がほとんど完成し、外の環境に適応して生存できるだけの機能が備わっています。妊娠33週頃のお母さんは、お腹が大きく重くなって同じ姿勢でいることがつらく、寝苦しさを感じているかも知れません。

 

妊娠33週の赤ちゃんは、まだ柔らかさを残しつつも骨格がほとんどできあがりました。脳の発達は続いていますが、五感はすべて働いている状態です。刺激が限られている視覚や嗅覚に比べて、触覚や聴覚の成長は目覚ましいものがあります。視覚が完成するのは出産後です。ずっと薄暗い子宮の中で過ごしていたため、出産直後の赤ちゃんは分娩室がまぶしくて目をあけられません。瞳の色も人種に限らず青っぽい色をしていて、最終的な目の色になるには数週間かかります。

 

妊娠33週頃には、お腹が大きくなって背中を反るような姿勢をとる人が多いのですが、これは腰痛を引き起こしやすいので、できるだけまっすぐ立つようにしましょう。また、仰向けで寝るのもそろそろ辛いかも知れませんね。血流を妨げず苦しくないようにするには、「シムスの体位」がおすすめです。左側を下に横向きに寝て、上になった足を軽く曲げる姿勢です。ですが、お母さんが楽なら、どんな姿勢でも良いと思います。

 

 

妊娠34週

 

妊娠34週

妊娠34週は妊娠9カ月の3週目です。妊娠37週未満は早産とされていますが、現在の医療においては妊娠34週くらいまで順調に成長していれば、ほぼ正常に出産ができるようです。お母さんは骨盤に痛みを感じる人が増えてきます。そろそろ産休や仕事を続ける人は託児所探しなど、赤ちゃんを迎える準備をしておきたいですね。

 

妊娠34週の赤ちゃんは、ゆっくりだった肺機能の発達も進み、呼吸ができる状態になっています。自律神経も発達し、心拍や睡眠も安定してきています。なんと、もう感情を、顔の表情に表すことができるんですよ。妊娠34週からは、ようやく産休がとれます。出産予定日前の最低6週間と産後の最低8週間は、事業者は従業員に産休を許可するよう、労働基準法で定められています。ただ、それまで頑張って仕事をしていた人が急に休みに入ると、一気に体重が増加する傾向があるそうなので注意して下さいね。

 

産後も仕事を続ける人は、託児所や保育園の下調べを済ませておきたいところです。小さな赤ちゃん連れではなかなか動きにくくなりますから。妊娠34週頃には、多くのお母さんが骨盤や恥骨に痛みを感じます。お産が近づくことによって、赤ちゃんが通りやすいように恥骨の結合部がゆるむからです。ある程度は自然なことですが、歩行が困難なほど痛みがある場合は、医師に相談してみてください。

 

 

妊娠35週

 

妊娠35週

妊娠35週は、妊娠9カ月の最後の週です。いよいよ赤ちゃんの発達も最終段階に入ってきました。お母さんは貧血が心配な時期です。妊娠35週になると、子宮内で発達させておくべき赤ちゃんの機能は、ほぼ完成しています。あとは、生れてからじっくり成熟させていく性質のものです。例えば、胃腸の消化システムは生後3歳から生後4歳になるまでは未熟なままです。また、脳はずいぶん発達しましたが、それでも神経系の連携はまだ完全には整っていませんし、神経伝達物質も十分ではありません。これ以上脳が成長してしまうと、今度は出産が大変になるので、あえて早めに生れるという、進化におけるギリギリの工夫なのです。

 

出産時の出血に備えて、妊娠35週頃からお母さんの血液量がぐんと増えます。妊娠中は血液量が1.5倍になると言われていまが、赤血球はそれほど増えないので、お母さんは貧血になりやすいのです。血液がサラサラの状態にあることは、血行を良くして赤ちゃんに十分な栄養を届けるのに必要なことですが、あまり貧血がひどい場合は病院から鉄剤などを処方されます。

 

病院からもらう鉄剤はなかなか強力で、吐き気を催すことが多いです。又、体内に吸収し切れなかった鉄分の体外排出機能により便が真っ黒になったりもします。異様に鉄臭い便です。普段から、鉄分を多く含む食品を積極的に取り入れ貧血と診断されないようにすることが大切ですね。又、亜鉛・カルシウム・鉄分など妊娠・授乳中の方にピッタリのノンカフェインのお茶を日常的に飲むのを習慣にするのも良い手です。

 

また、妊娠中は血液が子宮に集まるようになっているのですが、妊娠35週ともなると子宮も赤ちゃんも大きいですから、血液の6分の1は子宮に取られてしまいます。お母さんは立ちくらみやめまいに注意して下さい。さて、妊娠35週が過ぎれば、もう臨月です。

 

 

妊娠36週

 

妊娠36週は、妊娠10ヶ月の最初の週です。臨月を迎えました。妊娠週数と出産の関係を整理しておくと、以下のようになります。

  • 臨月・・・妊娠36週〜39週
  • 早産・・・妊娠36週末まで
  • 正産期・・・在胎37週0日から41週6日まで
  • 予定日・・・妊娠40週0日目

一般的に妊娠36週になって赤ちゃんの体重が2500g以上あり、胎外で生活できる状態であれば、「成熟児」と呼ばれます。病院では、妊娠36週目から、検診が週に一度になります。いつ生まれるか分からないので、頻繁にチェックしようということですね。赤ちゃんは、心臓・肝臓・肺・胃腸・腎臓などすべての内臓が出産時に必要な大きさと機能を備えています。呼吸も体温調節もできるので、今すぐ生れても問題ありません。

 

早い人は妊娠36週頃には赤ちゃんが下がって骨盤の中におさまります。すると、ずっと子宮に圧迫されていた胃腸や肺が解放され、食欲不振や息苦しさが改善します。しかし、食べすぎには注意して下さい。この時期は甘いものが欲しくなるなどの嗜好の変化や、産休や里帰りなどであまり動かなくなるなどの影響のため、体重が増えやすい状況にあります。最後まで気を抜かず、妊娠高血圧症候群にならないよう気をつけましょう。妊娠後期になると1割の妊婦さんが妊娠高血圧症候群にかかると言われており、重症化すると母子ともに危険な状態になります。

 

 

妊娠37週

 

妊娠35週

妊娠37週は、妊娠10ヶ月の2週目です。妊娠37週になると、いよいよ正産期です。正産期に入ったからと言ってすぐに陣痛が始まるわけではありませんが、いつ生まれても良い状態に準備しておきましょう。妊娠37週の赤ちゃんは、腕は胸の前、脚はお腹の前に折りたたんで、背を丸めた姿勢をしています。だんだん骨盤内に下りていって、お母さんは胸のつかえがとれたような感覚がします。赤ちゃんは以前のようにキックやパンチをするほどは動けなくなりますが、生れる前まで もぞもぞと動き続けます。体の機能は準備万端なので、あとは陣痛を待つのみです。

 

ノンストレステスト(NST)はもう受けられましたか?NSTとは、胎児の心拍と子宮収縮を調べるモニターを行い、赤ちゃんがお産に耐えられるかどうかをテストする検査です。NSTは妊娠34週から妊娠37週頃までに行う病院がほとんどですが、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病、胎児の発育遅滞が見られる場合は、もっと早く行います。

 

妊娠37週頃には、入院準備を整えておくと安心です。出産予定日に生れる赤ちゃんは全体の5%程度しかいません。早めに荷物をまとめて、玄関やその近くに置いておくとよいでしょう。入院に必要な物は、後期の母親(両親)学級や病院からの通達で分かります。可愛い赤ちゃん服などの準備も楽しいですが、まずは入院の準備からですね。

 

 

妊娠38週

 

妊娠38週

妊娠38週は、妊娠10ヶ月の3週目です。赤ちゃんはそろそろ身長が50cm近く、体重は3kgに達している子もいます。お母さんは恥骨や脚の付け根が痛んだり、前駆陣痛やおしるしがあったりします。妊娠38週頃の赤ちゃんは、脂肪がどんどん蓄えられ、皮膚がますます厚くなってきています。半透明で体の中が透けて見えていたのがすっかり見えなくなってしました。妊娠38週頃から赤ちゃんは1日約14gの脂肪をつけ、ふっくらとした赤ちゃんらしい体型になっていきます。

 

妊娠38週頃のお母さんは、恥骨や脚の付け根がしきりに痛みます。これは、下がってきた赤ちゃんの頭に押されるためです。また、お尻や太ももや腰にしびれるような痛みを感じるのも、坐骨神経などの骨盤周辺の神経が圧迫されるためです。痛みを緩和するには、患部を温めたり、楽な姿勢をとったり(シムスの体位など)、軽い体操をするのが効くのだそうです。おしるしや前駆陣痛も、妊娠38週までくれば十分あり得ます。おしるしは血がまじった茶色っぽいおりものです。おしるしがあれば3日以内に生れると言われていますが、実際はそこまで厳密ではありません。

 

前駆陣痛は不規則なお腹の痛みや張りを感じることです。陣痛は規則的なのが特徴ですから、少し強めの痛みでも長続きせず不規則なのは前駆陣痛だと思われます。しかし、初めてのお産で前駆陣痛と陣痛を見分けるのは難しいので、迷ったら病院に電話で確認してみてください。

 

 

妊娠39週

 

妊娠39週

妊娠39週は、妊娠10ヶ月の最後の週です。臨月も終盤に差し掛かってきました。しかし正産期はあと2週間以上あるのであわてる必要はありません。妊娠39週頃の赤ちゃんは、体の15%が脂肪になりました。脂肪は生れてから大事なエネルギー源になります。その代わり、ずっと子宮内で赤ちゃんの体を覆っていたクリームのような胎脂がなくなっています。赤ちゃんの頭蓋骨は非常に特殊な構造になっていて、妊娠39週現在、5つある頭の骨はまだ継ぎ目がつながっていません。出産時に産道を通る時、骨同士が重ね合わさって頭の形を柔軟に変形させられるのです。そのおかげで大きな頭を無事外に出すことができるのです。頭蓋骨の継ぎ目は産後1年かけて徐々にくっついていきます。

 

妊娠39週のお母さんは、寝つきが悪く眠りが浅くなってしまいがちです。大きくて重たいお腹はしょっちゅう張るし、出産のことが気になるからです。睡眠がこま切れになってしまうのはある程度は仕方のないことなので、産後の授乳シミュレーションと割り切って、寝られる時に寝るようにしましょう。さて、妊娠39週6日目の次は、いよいよ出産予定日を迎えます。予定日からどの程度過ぎたらどのような対応をするかは、あらかじめ病院と打ち合わせをしておきましょう。