妊娠初期 出血

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 出血〜

 

 

妊娠初期 出血

 

妊娠初期において出血がると、つい「流産」を連想してしまいますが、流産でなくても妊娠初期に出血する人は結構いるそうです。出血の原因は様々で、 問題がないものから緊急のものまであります。

 

まず、生理的なもので特に問題のない出血は、「着床出血」と「絨毛性出血」です。

 

着床出血は受精卵が子宮壁に着床する際におこる出血で、
絨毛性出血は受精卵が子宮内膜に絨毛という根っこをはる時、母体の血管が切れて出血するものです。胎盤が完成する15週までには落ち着きます。

 

 

妊娠初期 出血

 

また、おりものに少量の出血が混じっている場合は、
「膣炎・膣びらん」または「子宮頚管ポリープ」かも
知れません。妊娠中は膣炎になりやすいのですが、
子宮内の出血ではないので基本的に問題ありません。

 

必要があれば薬で治ります。子宮頚管ポリープの多くは良性のイボです。簡単な切除術で取り除けますが、妊娠初期は流産しやすいため、分娩時に影響するようなケースでなければ手術することは少ないです。

 

茶褐色の出血が続く場合は「子宮外妊娠」の可能性があります。卵巣や腹腔内に受精卵が着床してしまった妊娠で、遅かれ早かれ自然流産します。

 

残念ながら流産による出血もあり得ます。妊娠初期に出血が続き、塊のようなものが出てきたら流産している可能性があります。下腹部に痛みがなくても流産の可能性があるので、妊娠初期の出血は早めの診断が必要です。