妊娠初期 生理

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 生理〜

 

 

妊娠初期 生理

 

妊娠初期にあらわれる症状として、月経予定日前後の出血があります。ちょうど月経予定日に当たるために、「妊娠しているのに生理が来た!」と驚かれる方も少なくありません。

 

妊娠初期の月経予定日周辺の出血は、「着床出血」または「月経様出血」と呼ばれるものです。もちろん、生理ではありません。排卵日から約2週間後、受精卵が子宮内膜に着床する際に、母体の血管を傷つけてしまうために起こる出血です。

 

 

 

妊娠初期 生理

 

着床出血の場合、生理時のような下腹部痛やお腹の張りは感じないようです。色は薄め、少し茶色がかっていることが多いです。

 

妊娠初期には、このような出血が1日〜1週間程度続きます。全く出血が見られない方もいらっしゃいます。

 

妊娠初期の中でも早い段階の話なので、
まだ妊娠に気づいていない人も多く、そういった人は着床出血を生理だと勘違いして、
そのまま過ごしてしまうことがあります。

 

生理が来たから妊娠はしていないと確信してしまい、そのまま1ヶ月経つのは非常に心配なので、生理と着床出血の違いを知っておきたいですね。