妊娠初期 痛み

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 痛み〜

 

 

妊娠初期 痛み

 

妊娠初期には、体に何らかの痛みを感じる人が少なくありません。
痛みを感じる箇所は人それぞれで、最も訴える人が多いのが
下腹部です。

 

また、ホルモンの影響で胸が張ったりして痛みを感じる人も多くいます。その他、腰痛も妊娠初期症状としてよく報告されています。

 

妊娠初期の痛みとして最も一般的な腹痛ですが、軽い痛みで出血を伴わなければ、ほとんどの場合問題ありません。しかし妊娠初期は流産しやすい時期なので、 重くて長引く鈍痛には気をつけなければいけません。

 

 

 

妊娠初期 痛み

切迫流産であれば、対応さえすればすぐに流産してしまうわけではありません。切迫以外の流産や
子宮外妊娠の場合は緊急を要します。

 

また、妊娠初期には、胸の張りや胸部の違和感を感じたり、乳首が敏感になって痛みを感じることがよくあります。これも典型的な妊娠初期症状の1つで、妊娠初期に分泌される黄体ホルモンの影響によるものです。徐々に落ち着いて行くものなのですが、中期や後期になって胸が大きくなるとまた起きてしまうかもしれません。