妊娠初期 便秘

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 便秘〜

 

 

妊娠初期 便秘

 

妊娠して便秘になったという話は本当によく聞きますよね。
なんと妊娠初期には40%〜50%の人が便秘になると言われています。なぜ、妊娠すると便秘になってしまうのでしょうか?
実は、妊娠初期と中期・後期では、便秘の原因が異なります。

 

妊娠中期から後期の場合は、どんどん子宮が大きくなって腸を圧迫するために起こりますが、妊娠初期の場合は、大量に分泌された黄体ホルモンが腸の動きを妨げるために起こります。

 

これは、流産しやすい妊娠初期において、赤ちゃんが母体にしっかり根付くように、腸の動きを最低限に抑えようとする目的のためです。

 

 

 

妊娠初期 便秘

 

今までも生理前は便秘がちだったという人もいると思いますが、
それと同じ現象です。ただ、妊娠中はホルモンの量もケタ違いなので、妊娠前までは便秘知らずだったという人でも便秘になりやすくなります。

 

妊娠初期に限らず、便秘の解消には食生活の見直しと適度な運動が効果的です。特に食物繊維が豊富な食事メニューを、朝・昼・晩と規則正しく取ることがポイントです。

 

しかし、妊娠初期にはつわり中の人も多いでしょうから、必ずしも便秘解消に効果的な食事ができるとは限りません。どうしても難しい場合は、医師に相談して妊婦用の便秘薬を処方してもらいましょう。産婦人科で処方される薬であれば安全です。
くれぐれも、自己判断で市販薬を使用しないで下さい。