妊娠初期 下痢

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 下痢〜

 

 

妊娠初期 下痢

 

妊娠初期の下痢は、妊娠により大量に分泌されたホルモンの影響で自律神経の調整が乱れるために起こります。 腸の動きは
自律神経によって管理されているので、自律神経が乱れると便秘や下痢になりやすいのです。

 

どちらかというと便秘になる人の方が多いようですが、中には下痢になったり、あるいは下痢と便秘を繰り返す人もいるようです。どちらにしても、原因は同じです。 

 

妊娠初期は流産の心配があるせいか、ひどい下痢が続くと心配される方が多いのですが、 下痢で流産することはありませんので安心して下さい。

 

 

妊娠初期 下痢

 

下痢によって子宮が収縮することはあるようですが、妊娠初期ではまだ子宮も小さいですから影響はありません。下痢も一時的なものですので、妊娠初期が終わって安定期に入る頃には治まる人がほとんどです。 水分補給だけしっかりするようにして、あとは自然治癒を待ちましょう。

 

あまりにも症状が辛い場合は、医師に薬を処方してもらえます。
たいていの場合ビオフェルミンなどの乳酸菌製剤なので、薬の影響が心配な妊娠初期でも問題ありません。

 

妊娠中はできるだけ自己判断で市販の薬を飲むのは避けたいですし、原因が異なるため効果がないかも知れません。