妊娠初期 腰痛

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 腰痛〜

 

 

妊娠初期 腰痛

 

妊娠初期には、まだお腹が大きくなっていないにもかかわらず、腰痛になることがあります。腰痛は妊娠初期症状のひとつです。

 

妊娠初期における腰痛は、「リラキシン」というホルモンが原因です。リラキシンは「子宮弛緩因子」とも呼ばれ、骨盤の関節にある結合組織やじん帯をゆるめる働きがあります。こうすることで出産の際に胎児が骨盤の中を通りやすくするのです。

 

骨盤はその上の背骨や首・頭を支えている骨ですので、骨盤がゆるむと姿勢を維持することができません。そのため、骨盤の周りの筋肉やじん帯がゆるんだ関節を支えようとして緊張するので、腰痛が起こると言われています。

 

 

妊娠初期 腰痛

 

基本的に分娩を補助するための機能ですが、妊娠初期からもこのホルモンが分泌されるようになるため、妊娠初期から腰痛になってしまう人が多いです。特に、普段あまり運動をしていないため骨を支える筋肉が少ない人や、姿勢が悪く骨格が歪んでいる人は、痛みがひどくなると言います。

 

また、腰だけでなく、恥骨や足の付け根、お尻の上の方などが痛む人もいます。これは、骨盤のつなぎ目がいくつもあるためです。このような妊娠初期の腰痛には、ストレッチやヨガ、腰痛体操などで腰部の血行を促進して緊張を和らげることが有効です。また、妊婦用のサポートベルトや帯なども症状を楽にしてくれます。