娠娠初期 食事

妊娠初期の不安や疑問〜娠娠初期 食事〜

 

 

妊娠初期 食事

 

妊娠初期の食事について、気をつけるべきことは
一体何でしょうか?   キーワードは
「栄養素」、「つわり対策」、「便秘対策」です。

 

まず、妊娠初期が大切な過渡期であるからと言って、特に食事制限などをもうける必要はありません。しかし、なるべく摂っておきたい妊娠初期におすすめの栄養素はあります。

 

妊娠初期に葉酸やビタミン類を十分摂れば、胎児の奇形を予防すると言われています。

 

 

妊娠初期 食事

 

食事から摂るのが望ましいですが、つわりや好みなどで難しい場合はサプリメントでもかまいません。ただし、葉酸やビタミンAは不足してもいけませんが過剰摂取しても危険なので、サプリメントの場合は1日の摂取上限をきちっと守って摂るようにしましょう。

 

妊娠初期のつわりのために通常の食事ができない人は、無理をすることはありません。「食べたい時に、食べたいものを、食べたい量で」くらいの感覚で十分です。胎児分の栄養はちゃんと備蓄されているので、栄養不足になることはありません。 気をつけるべきは水分不足です。特に嘔吐してしまうほどつわりのひどい妊婦さんは、水分をこまめにとることを忘れないようにしましょう。

 

妊娠初期はホルモンの影響で腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。
適度な運動と、便秘に良いとされる食事によって乗り切りましょう。便秘の解消に
効果的なのはやはり食物繊維でしょう。野菜類を中心としたメニューが効果的です。