妊娠初期 胃痛

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 胃痛〜

 

 

妊娠初期 胃痛

 

妊娠初期には、つわりの症状のひとつとして、胃痛に悩まされる人もいます。吐き気がある上にお腹が痛いなんてまさに踏んだり蹴ったりですが、妊娠初期には比較的よく見られる症状です。

 

妊娠初期における胃痛は、胃酸過多が原因でおこることが多いです。妊娠中期・後期でも胃酸過多による胃痛・胸やけがありますが、これは大きくなった子宮に胃が押されて逆流性食道炎になるためです。
妊娠初期の場合は、つわりで規則正しい食事ができなかったり、ホルモンの影響で自律神経が乱れたりするために、胃酸が出過ぎて胃が傷つくための胃痛だと考えられます。

 

 

妊娠初期 胃痛

 

妊娠初期は、精神状態が不安定になり、ストレスを感じやすくなっている時期です。胃はストレスを敏感に感じ取る臓器ですので、妊娠によるストレスで胃痛になるということも考えられます。

 

妊娠初期の胃痛が辛くてがまんできない場合は、医師に相談しましょう。妊婦にも安全な薬の処方や、食事の指導などをしてもらえます。

 

胃酸過多が原因の場合は、胃酸の分泌をおさえるのに効果的な食品があります。代表的なものがヨーグルトです。乳酸が胃酸の分泌をコントロールしてくれます。また、牡蠣に含まれているカルシウムには神経を鎮静化する作用があり、胃酸過多にも効果があります。