妊娠初期 運動

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 運動〜

 

 

妊娠初期 運動

 

妊娠初期は、どの程度なら運動やスポーツをしても良いのでしょうか?妊娠初期は妊娠中期などと違い、胎盤も完成していない不安定な時期です。

 

体を動かして体力をつけることは良いことですし、気分転換にもなりますが、妊娠初期の場合は激しい運動は避け、散歩などのゆったりした動きにとどめるようにしましょう。

 

では、具体的にどのようなスポーツであれば、妊娠初期にも許可されるものでしょうか?

 

 

 

妊娠初期 運動

 

担当の医師によって意見が分かれるかもしれませんが、母性保護産婦人科医会によると、 妊娠前から続けていた人であれば、ゴルフやテニス、軽いジョギングくらいなら、妊娠初期でもやっても良いとあります。いずれも楽しむ程度であれば問題ありませんが、競技形式や、やっているうちに熱くなってしまう人などは、やめておいた方が良いかも知れません。

 

妊娠初期に避けるべき運動は、転倒の危険があるものや、体を冷やすものです。例えば、スキーやスノーボードは体を冷やす上、激しい転倒の恐れがあり、絶対に許可されません。また、水泳は妊婦にも良いとされていますが、温水でないプールや海水浴などは、体温を奪われ体を冷やすのでやめておきましょう。

 

以上のことは一般的な正常妊娠の例であり、早産の危険性や妊娠中毒症、貧血、発育遅滞、前置胎盤、羊水異常などの状態の人は、これらにあてはまりません。いずれにしても、担当の医師との細かいコミュニケーションが大切です。