妊娠初期 アルコール

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 アルコール〜

 

 

妊娠初期 アルコール

 

 

 

妊娠初期に限らず、妊娠中全期 通して、アルコール摂取には厳重な注意が必要です。

 

妊娠中に飲酒をすると、流産や死産、無事に生まれた赤ちゃんにも重大な異常が生じることがあります。

 

 

 

妊娠初期 アルコール

 

妊娠中にアルコールを常用すると、「胎児性アルコール症候群」という奇形や障害などの異常が、赤ちゃんに起こる事が分かっています。

 

妊娠初期の飲酒では、上唇が薄いなどの特異顔貌などの奇形が生じ、妊娠中後期では発育遅滞や中枢神経障害が生じると言われています。

 

 

妊娠初期 アルコール

 

アルコールは胎盤を通過して胎児に長時間影響を与え、細胞の増殖や発達を妨げるためです。

 

一般的に飲酒量が多いほど障害のリスクが大きいですが、どの程度なら胎児に影響を与えずに済むのでしょうか?あくまでも目安ですが、
1日あたりワインをグラス1杯、または
日本酒コップ半分、または
ビール350mlくらい

 

であれば、胎児への影響はないというデータもあります。

 

 

 

妊娠初期 アルコール

 

しかし、アルコールの影響度には個人差があるので、一概に「ここまでが安全」と線引きすることはできません。

 

「友達は妊娠初期から毎日飲酒をしていたが、元気な子を産んだ」という話を聞いても、自分に当てはまるかどうかは分かりません。

 

ですから、お医者さんによっては「妊娠初期でも1杯くらいなら」と言う人もいれば、「絶対に一滴もダメ」と言う人もいます。ですが、たいていは「やめておきましょう」と言われます。