妊娠初期 乳首

妊娠初期の不安や疑問〜妊娠初期 乳首〜

 

 

妊娠初期 乳首

「乳首が敏感になる」、「乳首がひりひり痛む」、
「乳首に張りを感じる」といった乳首のトラブルは、
妊娠初期に起こりやすい症状です。
同時に胸の張りや違和感を訴える人も多いようです。

 

妊娠初期の乳首の張りや痛みは、ホルモンが原因でおこります。

 

妊娠すると卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)、胎盤ができていれば胎盤から分泌されるヒト絨毛性性腺刺激ホルモン、プロゲステロン、エストロゲンおよびヒト胎盤性ラクトーゲンといったさまざまなホルモンが、母乳を出すための準備をはじめます。そのため、妊娠初期から乳腺の発達がすすみ、乳首に痛みや張りを感じるのです。

 

 

妊娠初期 乳首

 

妊娠初期の乳首の変化は、生理前の胸のトラブルに似ているという意見が多く見うけられます。それもそのはず、黄体ホルモン(プロゲステロン)は生理前に分泌されるホルモンです。

 

妊娠前はこれによって月経周期が決まりますが、妊娠すると出産まで子宮内膜の機能層が維持されて、生理は来ません。

 

妊娠初期の乳首の痛みは徐々になくなっていくはずですが、今度は胸が大きくなってくる中期や後期にまた痛くなってくるかもしれません。改善するには、肌触りが柔らかく締め付けの少ない下着を選び、刺激を少なくするようにしましょう。 妊娠初期の段階では、特に母乳マッサージなどは必要ありません。

 

逆に乳首への刺激は流産を促す行為ですので安定期になり、産婦人科の看護婦さんから指示がでるまでは乳首への刺激は慎んだほうが懸命です。