妊娠中期の不安や疑問

妊娠のことなら!!【妊娠大事典】>妊娠中期の不安や疑問

 

 

妊娠中の不安や疑問にお答えしているサイトです。ここでは、特に 妊娠中期(妊娠5ヶ月〜7ヶ月(16週〜27週))の不安や疑問点にお答えしております。ごゆっくりご覧になってください。楽しい妊娠ライフを送り、安心感に包まれながら可愛い赤ちゃんを無事ご出産されますことを心よりお祈りいたしております。

 

 

妊娠中期

妊娠中期とは、妊娠5ヶ月〜妊娠7ヶ月(妊娠16週〜妊娠27週)の期間のことです。胎盤が完成し、わずらわしい妊娠初期症状から解放されて、母子ともに安定している時期です。妊娠中期の赤ちゃんは、妊娠16週頃には体重が280gくらいだったのに、妊娠中期の終わりの27週頃になると1200gにもなります。筋肉や骨格がしっかりしてきて、羊水の中でとてもよく動くので、早い人では妊娠中期に入ってすぐ胎動を感じる人がいます。くるくる回っているので検診の時に逆子状態の赤ちゃんもいますが、妊娠中期の時点では逆子かどうかは気にする必要はありません。 嗅覚、視覚、聴覚などの感覚も完成していきます。5ヶ月頃には性別が判明することが多いです。

 

妊娠中期のママにも大きな変化が起こります。赤ちゃんがどんどん成長するにつれてお腹も大きくなり、妊婦さんらしくなります。お腹が前にせり出してくることで腰痛になる人も多いです。つわりの症状がなくなって、食欲が増してくる頃です。楽しく食事できることは心にも体にもとても良いことですが、食べすぎには注意が必要です。妊娠中毒症や妊娠糖尿病は胎児や出産に大きな影響がありますから。妊娠初期にひかえていた運動や旅行を再開しても良いでしょう。 マタニティスポーツや母親学級に参加するなどして、充実した妊娠生活をおくってみてください。

 

 

妊娠中期の不安や疑問〜妊娠中期 出血〜

 

妊娠中期は妊娠初期に比べて出血がないことがほとんどです。しかしまれに何らかの理由で出血することはあります。出血の主な原因をいくつか紹介します。

 

<前置胎盤>
前置胎盤とは、子宮口の一部または全部を胎盤が覆ってしまう状態のことです。妊娠中期や後期になって子宮が大きくなり、胎盤が引き延ばされてしまうために起こります。痛みはなく、鮮血が出たり止まったりします。

 

<胎盤早期剥離>
分娩時にはがれるはずの胎盤が、妊娠中期または後期にもかかわらずはがれてしまうことです。はがれた面積によっては大量出血が起こり、大変危険です。

 

 

<後期流産>
妊娠12週〜22週未満の間に起こる流産を後期流産と言います。妊娠中期の早い段階で生れてしまった赤ちゃんは、自力で育つことは困難です。切迫流産にとどめることができれば妊娠の継続も可能です。

 

<切迫早産>
妊娠22週〜36週までの出産を早産と呼びます。妊娠中期に当たるのは26週までです。強いお腹の張りと痛みがあり、出血を伴います。

 

<絨毛膜下出血>
胎盤を形成する際、子宮内膜の血管を傷つけてしまうために起こります。基本的に妊娠初期に多い症状ですが、まれに妊娠中期の始めにも見られます。

 

妊娠中の出血は必ずしも深刻なものとは限りませんが、自己判断はせず必ず医師に連絡をとるようにして下さい。

 

 

妊娠中期の不安や疑問〜妊娠中期 腹痛〜

 

妊娠中期に腹痛がある場合は、出血があるかどうかを確認して下さい。妊娠中期の出血を伴う腹痛には注意が必要です。もし出血を伴っている場合、「常位胎盤早期剥離」か「切迫早産」のおそれがあります。常位胎盤早期剥離は、お腹が強く張って痛みがあり、出血も比較的多くなります。これは胎盤が妊娠中に突然はがれてしまう病気で、緊急を要します。 妊娠中期に大量の出血を伴う腹痛がある場合、すぐに病院に行って下さい。

 

常位胎盤早期剥離なら、胎児が酸素不足に陥り、母体にも重大な影響があります。また、切迫早産が進行してしまった場合も出血を伴うことが多いです。妊娠中期にもかかわらず破水したり陣痛のような痛みがあったりします。切迫早産の対応はとにかく「安静」です。妊娠中期に腹痛があっても、出血や破水、発熱がなく、胎動も感じられるようであれば大丈夫なケースがほとんどです。

 

胎児の成長に伴って子宮が大きくなると、子宮を支えている組織がけん引されて痛みを感じることがありますが、胎児や母体悪影響はありません。また、出血がなくても切迫早産の可能性はありますが、出血や破水、陣痛のような腹痛がなければ早産にならずに済むことが多いです。妊娠中に腹痛があるとつい赤ちゃんの心配をしてしまいますが、便秘や胃腸炎、虫垂炎など、妊娠に関係のない腹痛も考えられますので、そちらの確認も忘れずに。