妊娠中期 腹痛

妊娠中期の不安や疑問〜妊娠中期 腹痛〜

 

 

妊娠中期 腹痛

妊娠中期に腹痛がある場合は、出血があるかどうかを確認して下さい。妊娠中期の出血を伴う腹痛には注意が必要です。

 

もし出血を伴っている場合、
「常位胎盤早期剥離」か
「切迫早産」のおそれがあります。

 

常位胎盤早期剥離は、お腹が強く張って痛みがあり、出血も比較的多くなります。これは胎盤が妊娠中に突然はがれてしまう病気で、緊急を要します。 妊娠中期に大量の出血を伴う腹痛がある場合、すぐに病院に行って下さい。

 

 

 

妊娠中期 腹痛

 

常位胎盤早期剥離なら、胎児が酸素不足に陥り、母体にも重大な影響があります。

 

また、切迫早産が進行してしまった場合も出血を伴うことが多いです。妊娠中期にもかかわらず破水したり陣痛のような痛みがあったりします。切迫早産の対応はとにかく「安静」です。

 

妊娠中期に腹痛があっても、出血や破水、発熱がなく、胎動も感じられるようであれば大丈夫なケースがほとんどです。

 

 

 

妊娠中期 腹痛

 

胎児の成長に伴って子宮が大きくなると、子宮を支えている組織がけん引されて痛みを感じることがありますが、胎児や母体悪影響はありません。また、出血がなくても切迫早産の可能性はありますが、出血や破水、陣痛のような腹痛がなければ早産にならずに済むことが多いです。

 

妊娠中に腹痛があるとつい赤ちゃんの心配をしてしまいますが、便秘や胃腸炎、虫垂炎など、妊娠に関係のない腹痛も考えられますので、そちらの確認も忘れずに。