妊娠中 資格

妊娠中 資格>医療事務の人気の秘密

 

 

医療事務は、非常に人気があり、特に女性の間で、評価が高いです。ここでは、医療事務のそんな人気の秘密について、お話しています。

 

妊娠中 資格>医療事務は女性人気NO1

 

医療事務は、特に女性に人気があります。2008年秋から今日まで続いている、世界同時不況下でも、その傾向は変わりません。むしろ、医療事務職は人気が上昇していると解することができます。 では、なぜ、医療事務が女性に人気があるのでしょうか?ここでは、三つの理由について、お話します。

 

まず、一つ目は、医療事務は社会に貢献できる仕事と認識できる点です。1980年半ばに、男女雇用機会均等法が成立し、女性の社会進出が促進されました。実際、給与面や雇用の点で、まだまだ公平とは言えない点もあるでしょうが、いずれの職場に行っても、女性の姿がないということはありません。かつては、男性の仕事見られていた、運送業やタクシー業などにも、若い女性などが就業し、30年、40年前に比べれば、格段に変化したとも言えるでしょう。そういう社会進出が、女性の心に与える影響が大きくなるのは、当然のこととも言え、何かしらの貢献をしたいと思うのは、自然な流れです。医療事務の場合、これから益々進むであろう、高齢化社会において、医療行為を支える、大切な縁の下の力持ちになり得ます。そういう医療事務に、社会性を求める女性が集まることもまた、至極当り前なこととも言えるでしょう。

 

二つ目に、年齢に関係なく、就業可能な点です。年齢による就業制限は、日本社会において、男女に差はないでしょう。確かに、女性の方が男性よりも若い年齢で、就業機会が少なくなる傾向は否めませんが、男性も40歳を超えれば、一般正社員での雇用は、難しいと言われています。それは、日本社会特有の集団主義の根が強いことの表れかと思いますが、分野によっては、むしろ、年齢が上であったり、実務を行っていた方が、相応しい職業もあります。要は、経験が大事な業務があるということあり、それば、医療事務になるでしょう。特に、一時会社勤めをし、結婚後、出産を経て、子供が学校に行く年齢になれば、日中に再就職の時間を確保できます。医療事務には、そういう女性たちにも人気があり、会社勤めの経験は、もちろん、出産時の入院経験も、医療事務に役立つことでしょう。患者側から病院側に移る事で、社会へ貢献したいという意思も、重ね合わすことができるかもしれません。

 

三つ目に、日本全国どこでも働く事が可能ということです。たとえば、引っ越しをしたとしても、大きな総合病院は、各地方に点在し、就業機会を得ることが可能です。もちろん、職員募集などがなければ無理な話ですが、可能性としては、他の職業よりも、医療事務の方が高いと言えるでしょう。結婚後の女性が、夫の転勤で、東京から博多に転居したとしても、医療事務においては、働く場所を得られるチャンスがあると言えます。

 

 

妊娠中 資格>医療事務は女性に人気〜続編

 

女性に人気のある職種である医療事務。医療事務が人気の理由について、このページでも、引き続き、さらに三つのことについて、お話したいと思います。

 

まず、医療事務が人気の理由の一つ目は、融通が効くということを挙げることができます。これは、医療事務の働き方にも関係しますが、正社員などの常時雇用の形態とともに、パート・アルバイト、派遣社員、さらに、個人事業主や在宅ワークとしても、働くことが可能です。常時雇用以外は、一時雇用、あるいは、請負業の形態になり、比較的に自分の時間を持ちながら、働くことが可能です。特に、個人事業主や在宅ワークなどの請負業であれば、発注品を完成することが、契約の主目的であり、俗な言い方をすれば、発注品さえ完成せれば、あとは、自由と言えます。雇用のように、上司の指示などはなく、自分の進めたいように、業務を行うことができます。ただし、発注側の要望に答えることが、第一の意義になりますが、詳細について、別ページでもお話しています。

 

医療事務が人気の理由の二つ目に、長期継続が可能ということです。被雇用者側見れば、融通が効くことと密接な関係があります。就業時間に余裕が生まれるため、働き易い形態を選ぶことが可能なため、無理をしながらの就業をせずとも、働き続けられるということです。また、雇用者側から見れば、今後高齢化社会が益々進行するにつれ医療従事者の人で不足が懸念されます。さらに、医療現場も様々であり、OAを伴った医療事務などがもあり、医療事務のスペシャリストとして、活躍する道も開けています。それと同時に、年齢制限がなく、熟年を迎えれば迎えるほど、実務経験が活かせる仕事とも言えます。

 

最後に、これは非常に主観的な理由になるでしょうが、病院があまり好きではない人も、従事可能な点です。病院というと、すぐにイメージできるものの一つに、消毒の匂いがあるかと思います。私には、学校の保健室の思い出は、消毒の匂いとともにありますが、病院においても、同様と言えるでしょう。確かに、治療のためには、そういう消毒の匂いにも我慢する必要がありますが、タバコの匂いなどと同様、苦手な人にとっては、長時間の勤務は、肉体的にも精神的にも、あまりいい影響を及ぼさないと言えます。しかし、医療事務は、病院ばかりでなく、処方箋を行う薬局などでも、従事できます。つまり、医療行為に関わっている、病院外の場所でも、働くことが可能ということです。あまりに主観的な、と思う人もいるかもしれませんが、働くということには、客観的なことばかりでなく、主観的なことも大事なことです。それは、感情や思考から免れられない、人の業とも言えるかもしれません。

 

 

妊娠中 資格>医療事務は男性にも人気

 

医療事務の人気は、女性に特有であることをお話しました。医療事務が人気の理由はすでに述べていますが、各種の制限がなく、社会的な貢献度が高く、さらに、時間の融通が効き、長期で働くことが可能ということが、端的な表現になるでしょう。けれども、医療事務は、女性が独占している職種ではありません。男性にとっても、就業する機会が、しっかりと用意されています。

 

90年代後半、派遣社員が注目を集めました。それは、日本経済がバブル崩壊をし、企業が資金繰りに困りながらも、人手が必要になり、できるだけ人件費の掛らない方法として、外注の派遣社員を雇うようになったからです。当初は、派遣職種も制限があり、しかも、子育てがひと段落した女性特有の就業形態のように見られていました。特に事務職においては、男性が就業することは、稀な時代であったでしょう。しかし、規制緩和の声が高くなり、派遣可能な職種が増えると、ブロードバンド普及の流れにも乗り、男性派遣社員の数も、年々増加し、今では男女の差が、ほぼ半々になっています。事務職にも男性が進出し、企業の思惑と就業者の希望が、ある意味、一致していると言えます。

 

もちろん、世界同時不況下での派遣切り問題もあり、日本の雇用がすべて良かれ、ということではありませんが、どうにもしようのない職種以外、男女の垣根が取れることは、非常に重要なことでしょう。医療事務においても、この動きがあると言えます。たとえば、夜間勤務の場合、女性よりも男性の方が、活躍していると言われています。医療事務の夜間勤務は、救急体制を敷いている病院などにあり、病院の職員とともに、男性派遣スタッフが、従事していると言います。当然、なぜ女性があまりいないのか、という問題もありますが、男性でも、医療事務に従事し続けられる可能性があることの第一段階とも言えるでしょう。かつては、医療事務のように、看護士は女性の職種のように考えられていました。しかし、男女の垣根がなくなると、男性の看護士の出現し、今では、性差に関係なく、看護士が現場で働いています。

 

いずれにせよ、医療事務においても、男性が活躍できる場が、徐々に広がっているとも言います。性の違うは、生まれながらのものですが、人間が作ったものは、人間の意思次第で、自由に変更できます。職種における男女差がなくなることが、経済の活性化を取り戻せるのでは、と思いますが、あまりにも、楽観的な見方でしょうか?(笑)

 

関連ページ

医療事務の気になる仕事内容
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容2
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務資格の中身と取得方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の主な雇用形態と待遇
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の活躍の場
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の大事な基本知識の復習
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務に役立つその他の資格
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。