妊娠中 資格

妊娠中 資格>医療事務の気になる仕事内容

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 初診(新患)受付

 

医療事務の仕事内容には、色々なものがありますが、まず取り上げるべきものは、初診(新患)受付になるでしょう。皆さんも、初めての病院へ行った時、必ず初診(新患)受付を行ってもらうかと思います。総合病院程の大きさになると、受付近くに、病状を書き込む用紙があり、専用の窓口に、保険証と一緒に手渡すようになります。そうして、係の職員などが、保険証の確認などを行い、名前が呼ばれ、掛りたい診療科を案内されるようになります。その係の職員の役割が、初診(新患)受付となります。

 

一般的に、保険証の確認は、一人ずつ行うと言われています。社会保険事務所へ、順番通りに確認の電話などをし、特別なことがない限りは、受けとった保険証に問題がないとされます。仮にこの時点で問題があれば、患者の診察料が全額負担になります。しかし、国の方針である「国民皆保険」の精神から離れてしまうため、保険証の期限が切れている人、あるいは、転職などで一時的に使用できない人や、健康保険証をなくしてしまい再交付申請中の人は、健康保険被保険者証が交付されるまでの間、申請に基づき年金事務所の窓口や管轄の役所から、資格証明書というものが配布されます。病院で診療を受けた証明を貰えば、自己負担した診察料のうち、通常の保険で支払わなくていい金額については、後日返還されます。現在でありなら、自己負担は3割とされているため、自己負担した後、7割が返還されることになります。

 

医療事務としては、そういうことを理解しておくことが当然ですが、初診(新患)受付の時は、保険証の確認などが主業務と言えるでしょう。なお、初診(新患)時には、初診料を取ることになっています。ひとつ問題提起の意味でお話しますが、日本の医療においては、一度一人の医師が担当になれば、最後までその先生に掛かることが、慣習のようになっています。仮に医師を代えたい、あるいは、病院を代えたいということであれば、エスカレーター方式が、通常の方法です。すなわち、町医者に掛り、そこから紹介状を貰い、地域の総合病院に行き、さらに、その総合病院から紹介を受け、系列の大学病院へ行くというものです。

 

最近は、セカンドオピニオンというものが出て来てはいますが、エスカレーター方式に、変化はないようです。縦割り行政という言葉を聞いたことがあるでしょうが、集団内の上下関係がきちっとしていますが、横のつながりが、あまり見受けられない集団体系です。ある意味、病院を移る方式も、縦割り医療と言えるでしょう。 初診料を取るとは、それの象徴でもあるように思います。仮に途中で病院を自主的に止めた場合、他の病院に行けば、再び初診料を支払うことになります。

 

また、総合病院などでは、診療科を変えただけでも、初診料が発生します。しかし、同じ病院内では、紹介状があれば、その限りではありません。これから、医療事務に従事しようとする人は、こういう日本の医療体制について、どのようにお考えになるでしょうか?

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 再診(再来)受付

 

医療事務の仕事の中の再診(再来)受付は、字義通りと言えるでしょう。再度病院に来た患者の受付を行うことであり、要は、通院患者の受付になります。医療事務としては、まず、保険証を預かり、それの確認を行います。登録された情報に誤りはないかなどをチェックすることになり、仮に変更点があれば、それを医療事務側で行います。たとえば、会社を退職し、国民健康保険に切り替わっていたとすれば、その旨の変更が必要になります。通常は、保険証の確認は、一か月に一度となっていますが、提出しない患者が、結構多いと言われています。そのため、病院側では、再来(再診)のたびに、保険証の提示を求めているところがあるとも言われています。もし医療事務側で調べても、不明なところがあれば、患者自身に尋ねることになります。どのお客相手の商売でもあることですが、そうことでクレームのようなことをいう人もいるということです。しかし、大概の患者は、心良く応じてくれるとのことです。

 

また、再診(再来)受付は、保険証の再確認ばかりでなく、診察の案内も行います。たとえば、患者の状態によっては、診察室がいつもの場所とは異なっている場合があります。医師の方では、その旨を事前に医療事務側に伝えているはずであり、該当の患者がくれば、医療事務がその旨を伝えます。もし、○○さんは本日は血液検査から、という指示があれば、担当医師のいる診察室に行く前に、血液検査の診察室を案内するということなどです。

 

 

医療事務に長年勤務している人は、自分の仕事に自負を持つと言います。どんな仕事であれ、そういうプライドは、大事でしょうが、医療事務が誇りにすることは、医療という命に繋がる仕事の一助を担っているからでしょう。けれども、実際は、患者と直接対面し、しかも、病院の経営の屋台骨を支えるとも言えます。したがって、ベテラン医療事務の人は、こう思うようになると言われています。「わたしたちが受付をしているから、診察もスムーズにできる」これから医療事務に従事しようとする人も、こういうプライドを早く持てるように、努力をして行きましょう。しかし、一点余計なことかもしれませんが、くれぐれも傲慢にならないように、気を付けて下さい。(笑)

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 カルテ管理

 

医療事務の大切な仕事の一つに カルテ管理があります。悪用すればとんでもない事もできてしまうカルテ管理に携わりますので、医療事務従事者には、高い志とモラルが求められます。ほとんどの人が、病院に行ったことがあるでしょう。むしろ、経験のない人の方がまれかもしれませんが、病院で診察をすると、担当医師が厚紙のようなものに、なにやらごちゃごちゃした文字で、色々と記入していると思います。

 

刑事ドラマなどで、犯人の疑いがある人が通院履歴があると、病院に駆け込み、カルテを見せてくれ、というシーンなどが、多々あります。厚紙とは、このカルテを指します。カルテは、公文書と見なされ、基本的には、開示できません。また、公文書と言いながらも、患者の診察が克明に記入されているため、ある意味、個人情報の集積とも言えるでしょう。つまり、カルテとは、公に認められうる書類でありながらも、プライベート代物、ということができます。しかし、裁判などでは、証拠の一部とされれば、法廷で開示される場合があります。いずれにせよ、カルテは、医療行為になくてはならないものであり、医療事務が行うカルテの管理は、非常に重要と言えます。医療事務は、そういう大切な仕事に従事します。

 

実際、カルテになにかしらを記入することは、判別のために記号などになるでしょうが、たとえば、カルテを取り出し、それを元に戻すという行為があります。医師が診察結果などを書き込むため、診察費の計算にも使われます。そうして、使い終わったカルテを、カルテが保管されている専用棚などに戻します。もしこの行為に支障を来すと、診察費の計算を結果を待っている患者に、無駄な時間を与えてしまいます。

 

また、カルテが公文書でありながら、個人情報の集積でもある以上、内密な事項を外に漏らしてしまう、というケースもあり得ます。そういうことがないよう、医療事務において、きちんとした管理が必要であり、重要な業務となっています。なお、カルテは、患者の診察記録があるため、通院患者の状況を把握するための書類でもあります。当然、通院する必要のある患者のカルテは、次も使えるような管理を行います。また、病院の中では、診療科毎にカルテを用意していますが、患者一人一人に一冊分カルテを作成するところもあります。要するには、どんなに時間が経ったとしても、同じ診療科にかかれば、病歴を参照できるようにしていると言えます。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 診察料費の計算

 

医療事務の中心業務と言えるのが、診療費の計算と言えます。皆さんも、病院へ行き、診療費を支払う際、請求書をご覧になったことがあるかと思います。診療の細目があり、そこに点数が割り振られ、そうして、請求額に支払うべき総額が、記入されていると思います。その計算を、まさに医療事務が行うと言えます。基本は、1点10円で計算し、それに諸費用などを加え、診療費とします。

 

情報化社会の現代においては、多くの病院などで、社内ネットワーク化が進んでいるかと思います。医療機関用の専門ソフトが、各種開発され、医療事務としては、そのソフトを使えば、簡単に診療費が算出されます。こう書くと、実に簡単なように感じますが、実際は、少々面倒と言えます。

 

点数計算のあり方は、決まっていますが、仮に診療細目を記入者側で間違っていれば、請求ミスとなります。1,000円の診療費が、不注意ミスで10,000円などと請求されれば、患者側も、非常に驚くでしょう。保険証もあって、単なる触診しかしていないの、ということが、現実として起こり得ます。したがって、診療費計算は、慎重さを伴います。同時に、いたずらに患者を待たせることもできないため、俊敏さも必要です。

 

ある医療事務従事者によれば、医療事務の仕事をしていると、一日が早いそうです。あっと言う間に昼になり、あっと言う間に夕方になり、残務整理をしているうち、気がつけば、世間の夕食時間帯、というのは、当り前のようです。もちろん、医療事務以外の仕事でも、多忙な時期などは、同様なこととも言えますが、医療事務においては、きめ細かさとともに、素早い判断も必要とされるでしょう。良い医師の姿とは、質問が少なく、なおかつ、病名を瞬時に告知できることだそうです。日本の病院は、3時間待ちの3分診療といいますが、3分あれば、十分診察を行える医師が多いとも言えるのでしょう。待ち時間が長いのは、患者数が多いことも、大きな原因なのかもしれません。

 

いずれにせよ、医療事務の診療費計算は、一見矛盾とも言える、きめ細かさと素早い判断が必要とされますが、それは、良い医師と重なるように思います。医療事務も、やはり、医療行為に関する重要な業務とも思いますが、皆さんは、いかがでしょうか?

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 会計業務

 

病院へ行き、診察が終わり、最後に診療費を支払うかと思います。非常に当り前のことですが、医療事務における会計業務とは、見方を変えれば、診療費の支払いになります。医療事務のメイン業務である診療費請求計算で出された金額を元に、領収書などを発行し、患者に、実際に請求します。2006年以降は、点数制を患者に直に知らせることが、厚生労働省の告示で決められ、以前よりも詳細な領収書となっています。診療細目が並び、そこに点数がつけられ、1点10円換算での計算です。病院などに勤務していれば、病院経営に直結するものであり、大事な業務の一つと言えるでしょう。大きな病院であれば、診療費請求計算と会計業務が、別々の担当となっています。中には、持ち回り制を採用し、今日は計算でも、明日は会計、というケースが発生するかと思います。総合病院であれば、その可能性が高いと言えます。

 

しかし、順調ばかりとは限りません。想定できるケースかと思いますが、患者自体が思っていたよりも、金額が高い場合は、その場で説明することになります。人によっては、責任者と話すことを望み、少々ごたごたするかもしれませんが、説明責任を追っていることは、仕方のないこととも言えます。また、いざ支払いと言う時になって、現金の持ち合わせがない人がいるかもしれません。小さな病院で、なおかつ、すでに顔なじみであれば、次の診察時にまとめて支払う、あるいは、後日別途持参、という処置も可能になります。しかし、大きな病院であれば、そうはいかず、その時の判断は、その病院のあり方に任せるようになるでしょう。

 

いずれにせよ、医療事務の仕事で、会計業務というものがあり、病院にとっても、大事な業務になっています。なお、会計業務は、病院ばかりでなく、医療関連機関であれば、必ずあるとも言えます。たとえば、調剤を行う薬局においても、医師の処方箋を持参した患者に、薬価代を請求する必要があります。病院のように分担され、薬剤士が処方し、医療事務が計算を行うことになります。大規模な薬局であれば、さらに医療事務の中でも分担されている場合がありますが、地域に根付いた薬局であれば、医療事務の仕事は、医療事務担当者が、すべて行うと言えるでしょう。その場合は、薬価代の計算と会計を同時に行うことになります。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 処方箋受付窓口

 

医療事務の仕事の一つに処方箋受付があります。病院に行って、診察を受けた後、ケースによっては、処方箋を発行される場合があるかと思います。薬は、治療になくてはならないものとも言え、近代医学の治療を受ければ、処方箋を受け取らない人は、めったにいないとも言えます。ここで言う、処方箋窓口とは、そういう処方箋を持参した患者に対し、薬価代などの計算および請求を行う業務です。

 

近年では、病院内で処方箋のみを受け取り、薬は、調剤を行う、近所の薬屋から受け取るというケースが、増えていると思います。これは、医療側の分担業務ともなっており、病院内で、いたずらに患者を待たせることをしないようにとの配慮から生まれたと言います。また、治療と処方を分担することで、効率の良い、医療行為を目指しているともいいます。しかし、これは結構最近になって出てきた傾向とも言われ、現在でも、大きな病院であれば、病院内で、処方も行います。逆に小さな病院であっても、自ら処方を行います。地域や病院によって、調剤を薬局に依頼するかどうかが、異なっているとも言えるでしょう。

 

医療事務から見れば、病院内での処方であっても、そうでなくても、薬価計算を行い、患者に請求するという業務に、変わりはないと言えます。そうは言っても、治療と処方が分かれている場合は、注意が必要と言われています。たとえば、ある病院に勤務し、処方が薬局に依頼する形であったとします。病院においては、処方箋を発行するだけですが、患者の中には、薬について、医療事務者に色々尋ねてくる場合があります。しかし、医療事務従事者は、薬についての専門家ではないため、薬の効果などについて、説明することができません。たとえ自分なりに知識があったとしても、それは控えておくべきでしょう。薬局に対して、というよりも、患者自体にいたずらな不安などを引き起こさせないためと言えます。

 

仮に患者から薬のこと、あるいは、良い薬局を教えてほしいなどと言われたら、薬局の担当者に聞いてほしい、もしくは、他にも薬局がある旨で、答えをとどめておくことが、医療事務者のセオリーのように言われています。医療事務は、病気に直面したデリケートな人や家族と直接に接する仕事になります。ある程度の臨機応変さがいることも、確かなことかもしれません。

 

関連ページ

医療事務の人気の秘密
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容2
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務資格の中身と取得方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の主な雇用形態と待遇
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の活躍の場
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の大事な基本知識の復習
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務に役立つその他の資格
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。