妊娠中 資格

妊娠中 資格>医療事務の気になる仕事内容

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 入院施設のある受付

 

医療事務の仕事は本当に多岐に渡ります。ここでは、医療事務の仕事の一つである 入院の受け付けについてご説明します。病院にも大小あることは、ご存知かと思います。大学病院であれば、規模が非常に大きく、最新設備を揃えているとも言われています。また、小さな町医者であっても、患者が入院できる施設を用意している場合もあります。さらに、総合病院であれば、ひとつの病院内で、複数の診療科があり、その病院だけで、色々な治療を受けることが可能とも言えます。病院といっても、このように、色々なものがあります。

 

ここでいう入院施設のある受付とは、入院設備が整った病院での入院および退院の受付業務を意味します。入院が必要な程、一定期間、集中して治療が必要な病院においては、入退院受付窓口を別途設けています。医療事務は、その受付窓口を担当することになり、大事な業務のうちの一つです。

 

まず、入院が決まっている人は、予約受付を行います。何日の何時から入院予定ということを窓口に申請し、医療事務側においては、その旨をデータベースなどに登録し、いくつか注意事項などを伝えることになります。また、治療に来て、診察後、その日に入院する旨を告げられた患者は、当日入院受付を行います。入院予約受付とほとんど変わらない作業になりますが、多くの人が緊急の事でもあるため、患者の家族などが受付を行っても、慌てていたりする場合があります。その点に十分気をつけながら、アドバイスを送ることが、医療事務の仕事において大切になってきます。

 

さらに、退院時にも、受付を行うことになります。そのの日のうちに請求書を発行し、支払いが済ますこともあれば、そうでない場合もあります。仮に支払いが先の日であれば、その旨を患者側に伝える必要があります。このほか、入院費の定期請求というものもあります。これは、入院が長引いている患者への入院費請求になり、定期的に行うようになっています。病院によって、異なっていますが、月ごとであったり、10日毎であったり、色々な方法となっています。

 

なお、上記は、分担作業を行っている病院になります。規模が小さい病院であれば、窓口を一本にし、診療費請求の計算業務や会計業務と同じになっている場合もあります。そうであっても、基本的な業務内容に変わりはありません。ちなみ、余計なことかもしれませんが、入院を行う患者の中には、重たい病気の人もいることでしょう。ぞんざいな言葉を掛けないような配慮が必要なことは、間違いないと言えるでしょう。当り前のことになるでしょうが、当り前であるからこそ、重要であるとも言えます。医療事務が、単なるデスクワークでない由縁が、こういう点にあるとも言えます。医療事務者は、病気に直面している人々を優しく包み込む愛情が不可欠です。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 クラーク業務

 

医療事務の業務も色々なものがありますが、クラーク業務も、そのうちの一つです。皆さんの中には、派遣社員として、デスクワークに従事した方もいらっしゃるかもしれませんが、派遣の求人広告に、OAクラークという職種を見た方も、多々いらっしゃるかと思います。もちろん、実際に従事した方も、たくさんいらっしゃるでしょう。OAクラークは、別名OA事務とも言われ、端的に言えば、パソコンを使った一般事務です。一般事務の中には、電話のやり取りなどもあり、デスクワーク+対人関係業務があると言えるでしょう。

 

医療事務の中で言う、クラーク業務もそれに似ていますが、主にナースステーションでの業務になります。病棟にお見舞いに行かれたり、あるいは、実際に入院された方ならお分かりかもしれませんが、ナースステーションとは、看護師などが待機する場所であり、医師が家族などに病状を説明する場合でも、利用されます。医療事務のクラーク業務とは、そういうナースステーションに待機し、主に事務業務を行うことになります。

 

カルテの管理業務あれば、他の病棟への連絡、あるいは、電話応対や看護師の手伝いなど、医療行為のアシスタント的業務を行います。また、病棟は、入院施設もあることから、入院患者の受付業務行います。医療事務の中には、入退院受付窓口があり、医療事務業務の一部です。しかし、その場合の入退院受付窓口は、病院自体の窓口であり、診療科の窓口ではありません。クラーク業務の入退院受付は、いわば、診療科の入退院受付窓口と言えるでしょう。

 

事務職の特徴は、デスクワークにありますが、概ね電話受付も行うため、部署と部署の橋渡し的な役割も担います。医療事務のクラーク業務の場合、患者と看護師あるいは医師の間を繋ぐ役割を担っているとも言えるでしょう。医療事務業務が単にデスクワークの中に収まらないことは、クラーク業務を行うことでも、表されています。

 

なお、クラーク業務は、一種の分担作業でもあり、ある程度の規模のある病院での業務となるでしょう。とえば、大学病院のような巨大病院においては、クラーク業務がなくてはならないと言えるかもしれません。しかし、病院の規模によっては、看護師自ら行っている場合もあります。さらに、個人病院で、小さな入院施設しかないところでは、医師自らが行う場合もあります。クラーク業務と言っても、ケース・バイ・ケースで発生するとも言えるのです。そうは言っても、医療事務において大事な橋渡し的な業務であり、こういう業務も発生することを十分弁えておくことも、重要です。医療事務は知的業務と認識されており、社会的信用度も高い職業ですので、十分な倫理観と責任感と知識が必要です。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 夜間受付

 

病院には、救急医療体制を敷いているところがあります。急患を受け付けるところであり、夜間勤務を行うことになっています。現在、日本の救急医療体制は、病院が受けつけない場合もあり、人手不足による医師の過酷労働などが、遠因となっているとの指摘を受けています。そのため、救急医療体制のある病院において、夜間受付のできる人がいることは、貴重とも言われています。今のところ、救急医療体制を整えている病院のほとんどは、男性職員が、交代で勤務しているケースが多いです。夜間体制のある病院などでは、夜勤のできる男性職員が、重宝がられるとも言われ、専門の派遣スタッフなども活躍しているとのことです。

 

しかし、夜勤が男性の専属であるという概念も、非常に古い見方のように思います。1985年男女雇用機会均等法が改正されて以来、女性の社会進出が当り前のように行われています。1990年代初頭のバブル崩壊により、女性の総合職への就業、特に大卒女性の就業が厳しくなり、不況になる度、問題が上がっているとも言えます。まだまだ女性の社会進出が、促進していない面もあるでしょう。特に賃金においては、その差があることは否めません。そうは言っても、色々な分野に女性が進出し、今では、運送業に従事している女性も数多くいます。そういう面がありながら、救急医療体制のある病院において、夜間勤務が男性職員あるいは男性派遣スタッフなどが主流であるというものも、私としては、残念なように思います。

 

確かに、男性と女性には、明らかに体格や体質の相違があります。しかし、それは、あくまで自然のものであり、人間が作ったものではありません。よく性差の問題で、生理的なことが言われますが、そればかりを強調することは、適切な人材確保が不可能になるとも言えるでしょう。むしろ、そういう属性に囚われることほど、自分を低めているように思えてなりません。仮に医療事務に従事し、夜間勤務をしても問題ない女性がいれば、勤務先に依頼してみるのは、いかがでしょうか?他の分野においては、夜勤をする女性も、存在します。病院だけが特別というもの、少々問題があるかと思いますが、皆さんは、どのようにお思いになるでしょうか?また、夜間勤務の場合、賃金が多くもらえるというメリットもあります。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事〜庶務業務

 

事務職においては、傍から見れば、雑用のようの見えるものもあります。ひと頃、お茶汲み業務が、仕事であるのか云々との議論もありましたが、お茶汲みに関わらず、どんな業務にも、雑用はあるでしょう。しかし、雑用に収まらない、その他の業務があります。それを総称して、庶務業務と言えるでしょう。医療事務においても、庶務業務があり、大きな病院においては、医療事務を行う部署とは異なって、独自の部署として設けられています。医療事務が行う庶務業務としては、証明書の発行、文書の保管、物品管理、問い合わせ対応などになります。一般企業における庶務業務とほぼ変わりなく、派遣社員の職種で言えば、一般事務の中にひと括りされるかと思います。

 

しかし、庶務を行うと言っても、それ自体行わなければ、病院の経営がスムーズに回らないと言えるでしょう。たとえば、物品管理などがしっかりしていなければ、職員が欲している物品などを早急に手渡すことは不可能です。また、文書保管の中には、病院経営に関わる文書などもあり、それが外部に漏れれば、病院経営に支障を来す場合もあります。なにより、庶務課においては、各種統計などを行っています。

 

大きな病院であれば、入院施設が設備され、日々多くの患者が入退院を繰り返しています。その患者の人数を把握し、統計資料を作るのが、庶務課の仕事です。どの診療科に多いのか、あるいは、どの診療科のペッドが余っているのか、病院と言えど、その半分は経営が関わって来ます。経営がスムーズに行かなければ、公共性を維持することもままなりません。そういう今後の経営のヒントになることを、庶務課が担っているとも言えるでしょう。

 

数年前に、庶務課を舞台にしたテレビドラマが流行りました。漫画を原作としているものですが、面白おかしく庶務課を描いていましたが、確かに地味な存在に思われがちです。しかし、実際は、そういう縁の下の力持ちが、しっかりしていなければ、経営も成り立たないと言えます。庶務業務また、立派な医療事務の仕事と言えるでしょう。なお、小さな病院や個人病院であれば、庶務業務が分かれていることはなく、医療事務と一緒になっています。メインである診療費請求の計算などとともに行うことが、当り前とも言えるでしょう。医療事務を志す方は、その点も十分弁えておくことが大切です。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 秘書業務

 

優秀な医療事務者は、医療事務をする傍ら医療秘書としても活躍しています。秘書というと、どういうことを思い浮かべるでしょうか?一時期、秘書が話題になったことがありますが、政治家のお金の問題と一緒に語られたため、あまりいいイメージがありませんでした。しかし、秘書は、政治家のみならず、色々な人たちに必要な存在であり、一般企業においては、役員待遇の人には、必ず秘書がいると言っていいでしょう。

 

医療においては、秘書の対象が、医師になります。たとえば、医師のスケジュール調整を行い、診察時間はいつか、あるいは、学会などの会議に出席するのかはいつかなどを把握します。スケジュールを把握するだけでなく、スケジュールを組む場合もあり、当たり前のことですが、担当医師とのコミュニケーションが大事です。また、医師に代わって、各種研究機関へ書類を作成し、かつ、提出する業務もあります。そのため、医療知識や医事用語に精通していることが必要です。さらに、スケジュール管理も書類作成も、現代ではパソコンを使用するため、パソコン操作も必須のスキルでしょう。ただし、秘書については、ある程度の大規模な病院が対象とも言えます。

 

医療体制の独特のシステムとも言える、大学病院の医局などには、医師一人一人に秘書が付いていると言えます。大学病院の医師は、医療従事者であるとともに、研究者の顔も持っています。学術会議などに出席することが、定期的にあると言えます。そのため、スケジュール管理が大事になるでしょう。なお、医療秘書に関しても、資格があります。医療事務関連資格の一つでもあり、ゆくゆくはと思っている人は、取得をすることも、無駄にはならないでしょう。また、秘書の場合、医師に従って行動することもあり、色々な人と対面する場合があります。相手が日本語を話すとは限らないため、英会話能力を身に付けておくことも大事になります。

 

さらに、医療秘書は、医師に対してだけある訳ではありません。クラーク業務も、いわば医療秘書ともいえ、こちらは、医師ではなく、主に看護師の秘書業務となります。書類作成などを看護師に代わって行い、効率のいい医療行為をするための一助となっています。秘書がいることで、医師も看護師も、メインの業務に集中できます。それは結果的に患者に対しても有益さをもたらすため、秘書業務の存在意義も、そういう点にあると言えます。医療事務のベテランさんや医療事務で優秀な人は、医療秘書としての役割も兼ねて重宝される事が多いので、医療事務として働き始めてからも常に勉強をおこたらず、ステップアップしていくと面白いと思います。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の仕事 診療報酬請求

 

医療事務の主要業務が、診療費請求の計算になりますが、これは、患者への請求業務です。しかし、患者への請求分ついては、患者の自己負担分しかなく、実際病院が受け取る額の3割にしかすぎません。残りの分を貰うには、各種団体などに支払いを請求する必要があります。それが、診療報酬請求になります。

 

基本的なことになりますが、社会保険は、会社であるなら、会社と加入者が半々で、保険料を支払っています。そうして、その保険料が実際に利用した人の支払い分回されます。つまり、組合健康保険(会社)で言えば、毎月会社と加入者が、組合健康保険運営の団体に保険料を支払い、その支払った分の中から、治療を受けた加入者への診療費に利用さえれているということです。その運営団体などから、病院は、自己負担された以外の診療費の請求を行うことになります。請求先は、主に次の2点になります。国民健康保険であれば、国民健康保険団体連合会であり、その他の健康保険であれば、社会保険支払基金です。

 

近年、情報社会化が急伸し、ビジネスの現場では、パソコンがなくてはならないものになりました。社内ネットワーク化も促進され、色々なソフトも様々な現場で利用されています。医療事務も現場においても、この流れは変わらず、診療報酬請求も、ネットワーク機能を利用し、専用ソフトを使って、作成されています。診療報酬請求は、毎月10日に行うと決まっていますが、全国で統一の用紙に記入し、しかも、一枚にまとめることになっています。ひと頃前までは、手書きのものを複数用意し、それを統一用紙にまとめ書きしていました。しかし、専用ソフトの開発により、各パソコンから入力し、ボタン一つで、専用用紙へのプリントアウトができるようになりました。

 

また、診療報酬請求の計算は、医療機関内で行わないところもあります。色々な理由が考えられますが、外に発注した方が、経営がスムーズであると考えているとことがあるからでしょう。そういう発注先に、個人事業主や在宅ワーク者などがあります。医療事務の働き方の中に、独立事業のような、個人事業主や在宅ワークなどがあるのは、このためとも言えるでしょう。診療費請求とともに、診療報酬請求は、医療事務業務の双璧をなしているとも言えます。医療事務に従事した場合、しっかりとやりこなすことが、医療事務が医療事務である由縁とも言えるでしょう。ちなみに、診療報酬請求は、レセプト業務とも言われて、専用ソフトがレセコンとも呼ばれています。私は、医療事務業務のうちの診療報酬請求を、月末月初だけ集中して仕事をしてお金を得ています。育児のかたわら出来るところが気に入っています。

 

関連ページ

医療事務の人気の秘密
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務資格の中身と取得方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の主な雇用形態と待遇
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の活躍の場
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の大事な基本知識の復習
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務に役立つその他の資格
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。