妊娠中 資格

妊娠中 資格>医療事務資格の中身と取得方法

 

 

ここでは、医療事務関連資格の取得方法について、個々のケースをお話しています。

 

妊娠中 資格>医療事務試験の概要

 

医療事務に関した資格は、種々のものがあります。まず、大きく三つのカテゴリーに分かれます。一つ目は、医科になり、これは、いわゆる病院での診療科に当たり、内科、外科、脳神経外科、放射線科などに対応したものです。二つ目に、歯科になり、これは字義通り、歯科医院向けの医療事務関連資格になります。最後に、薬剤になり、これは調剤を行う薬局向けの医療事務関連資格になります。

 

いずれも、主要業務を行う人は、絶対必要な資格を持っている人です。たとえば、医科であるなら、医師免許がなければ、メスを伴った医療行為を行うことはできません。それを鑑みれば、各カテゴリーの医療事務関連資格は、主要業務を行う人のアシスタント的な役割と言えるでしょう。そのため、必ずなければいけない資格という訳ではありませんが、前知識を学ぶため、あるいは、未経験から進もうとした場合に、プラスに転じ得ると言えるでしょう。

 

では、具体的にどんな試験があるのでしょうか?医科においては、医療保険士、医事管理士、医療事務士などがあります。
いずれに試験も、財団法人などの公的機関が主催し、公的資格として認められています。歯科においては、医療事務技能審査試験、医療事務管理士技能認定試験などがあります。こちらもまた、財団法人などの公的機関が主催する公的資格です。薬剤においては、医療保険調剤報酬事務士、調剤事務管理士技能認定試験があり、医科および歯科と同様、財団法人などが主催する公的資格です。

 

なお、医科、歯科においては、共通している公的資格があり、それを取得すれば、どちらのカテゴリーでも通じる言えるでしょう。それが、診療報酬請求事務能力認定試験になります。医療事務のメイン業務とも言える、診療報酬請求の事務能力を問う試験であり、有益な知識を得られるとも言えます。

 

主催団体が、財団法人日本医療保険事務協会であり、1994年から行われ、厚生労働省が認可している資格試験です。毎年夏と冬に試験が実施され、医療事務にふさわしいように、受験資格に、何らかの条件はありません。受験料は、2015年時点で、6,700円(税込)となっています。在宅受験もできるので、以外ととりやすい資格です。以上、医療事務関連の資格試験になります。

 

 

妊娠中 資格>医療事務資格を独学で取る

 

資格の勉強は、いずれのものも、独学が可能です。医療事務の資格においても独学で取得する事は可能です。たとえ弁護士資格であろうと、学校へ通わなくても、参考書を片手に、知識を吸収することが可能なのです。ただし、従来型の司法試験は、2011年中に廃止されましたので、現在は、法科大学院に通う必要があります。いずれにせよ、実習などが資格条件となっているもの以外は、独学で取得可能なものが、資格試験と言えるでしょう。もちろん、医療事務関連資格においても、同じようなことが言えます。

 

書店でもインターネットショッピングサイトでも、医療事務関連資格の参考書を購入し、必須知識などを吸収していきます。資格とはいえ、大学受験や高校受験のように、一定の基礎ができれば、問題を解く必要があります。傾向と対策があり、それに合わせた勉強方法が必要でしょう。けれども、小手先の傾向と対策では、合格の道が遠いとも言えます。やはり、全体的な把握と同時に、あらゆる問題に対処できることが、大事になるでしょう。これは、資格学校へ通っても通わなくても、必要とされるものです。

 

また、各種資格学校において、模擬試験を行っています。独学の場合、自分の世界に陥りがちであり、主観的で、一方的な判断をしがちです。そうならないために、模擬試験の受験は大事であり、この点においては、大学受験の独学などと変わりはないでしょう。できれば、全国対象の模擬試験を受け、自分が一体どの位置にいるのかを把握することが大切です。さらに、模擬試験の結果には、一般的に、各出題分野の出来不出来が、視覚化され、グラフ表示などがなされています。苦手な分野が、一目瞭然であるとも言え、模擬試験後の学習に、きっと役立つとことと思います。

 

なお、独学には、環境の問題もありますが、性格的に向き不向きがあると言えるでしょう。孤独感に敏感な人には、あまり向かない学習方法かもしれません。しかし、大事なことは、どんなに仲間がいたとしても、医療事務の資格受験するのは自分であり、問題を解くのも自分です。当り前のことですが、非常に重要な点であるとも言えるでしょう。ちなみに、インターネットが普及した現代では、医療事務関連資格のホームページも、数多く公開されています。独学者にとっては、色々な情報を吸収し、そうして、自分で自分の向上などを試みることが、大切です。今やパソコンが、一人一台の時代でもあり、利便性の高い道具となっています。巨大なデータベースとも言われるインターネットを、大いに活用するようにしましょう。

 

 

妊娠中 資格>資格学校や特別講座を受ける

 

医療事務関連の資格は、独学でも十分に取得できます。医療事務資格受験の参考書や問題集を購入し、自宅で学習していくことになります。しかし、独学には、向き不向きがあります。一から自分で把握しなければならず、参考書や書籍を探すことから、それが始まります。自分で決め、自分で自分の力を判断し、そうして、どこが悪いのかも、自分で見つけ出す必要があります。何もないところから、自分で探索しながら見つけ出すとも言えるでしょう。

 

けれども、それが苦手な人が必ずいます。勉強が嫌いでなかったとしても、独学では、少々不安というのは、大方の理由になるでしょう。大学受験の際に、予備校に行く人が多いのも、そういう事情にもよるでしょう。また、学校に行くことで、自分を律することにもなり、完全自由であると、勉強をしなくなる、という人もいます。

 

もちろん、試験に合格するには、ある一定の力があることが必要です。学校などに行けば、必ず大丈夫ということは、あり得ないでしょう。そうは言っても、一人では不安、あるいは、一から自分で見るけるのも苦手という人は、資格学校へ通うか、資格講座を受けることが、医療事務関連資格の最適な勉強方法かもしれません。資格学校へ行けば、講師から適格なアドバイスを受けたり、学習方法のてほどきを受けることができます。何と言っても、同じ目的の人がいるため、孤独感を得ずに済むかもしれません。また、資格講座は、主に通信になり、学習の形態は自宅になります。けれども、講座を受けることで、自然と情報が入り、情報入手のための時間を無駄に過ごさないで済むというのもメリットの一つです。つまり、情報にいつでも接せられる独学、と言えるでしょう。

 

資格学校へ通うのも、資格講座へ通うのも、確かにメリットがあります。しかし、独学に比べれば、受講料が高く、コストが掛かると言えます。さらに、大事なことは、最終的に試験に受かるか受からないかは、自分の力と言えます。誰のためでもなく、真の目的は、自分が資格に合格するということでしょう。非常に当り前のことですが、当り前のことであるからこそ、もっとも重要であるとも言えます。なお、資格学校や資格講座を見つけるには、書店に行き、パンフレットを探しだしたり、インターネットで探すという方法があります。

 

 

妊娠中 資格>医療事務に有益な他の資格

 

医療事務の仕事には、なにも医療事務に関連した資格だけがあれば、有益であるとは限りません。その他の資格と併用していれば、なお一層、業務に役立ちます。まず、代表的なものでは、介護やホームヘルパーの資格があります。どちらも、医療事務と同様、同じ医療関連の資格になります。事務職から実際に患者に触れる業務へ行きたい、とは当然のステップアップと言えるでしょう。確かに、介護もホームヘルパーも、生易しい仕事ではありません。しかし、これから益々進むであろう、高齢化社会を鑑みれば、介護やホームヘルパーの需要が、さらに大きくなることが、見込まれています。たとえば、出産の経験から医療事務に興味を持ち、そうして、念願の職場に従事できたとします。けれども、ますます向上心が湧き、今度は、患者を直接手助けしたいと介護やホームヘルパーを目指す人が出て来ても、おかしくはないでしょう。

 

医者や薬剤士になるには、それなりの学校に通う必要がありますが、そうできなくても、医療関連に従事し続けたいという人には、医療事務とともに、介護やホームヘルパーの資格は、非常に最適な資格であり、なおかつ、医療事務の実務に有益な仕事と言えます。また、国際化の進んでいる今日においては、日本の病院でも、外国の人を診療するケースが、増えています。そのため、英語でのコミュニケーションが必要な場合もあり、それなりの英語力があると、現場において、非常に喜ばれます。医療事務は、単にデスクワークを行うのみでなく、新患受付、再診受付、診療費支払い請求などを行い、実際の患者と接する機会があります。仮に相手が、日本以外の出身者であれば、日本語が通じない場合があります。英語は国際公用語の一つであり、今や世界言語に等しくなっています。医療事務関連資格以外で、英語の資格、あるいは、留学経験などがあれば、十分アピールできることであり、また、実務にもきっと役立つことでしょう。

 

上記以外でも、医療事務者にとって有用な資格としてパソコン関連の資格があります。パソコンは、現代では、なくてはならないビジネス上のツールになっています。専門的なものでなくても、資格があれば、実務に有益でしょう。しかし、資格がなくても、操作に慣れておくことは、大事なことです。さらに、医療事務者にとって秘書検定も、有益な資格とされています。場合によっては、医局での秘書業務へ従事できるチャンスもあります。

 

関連ページ

医療事務の人気の秘密
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容2
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の主な雇用形態と待遇
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の活躍の場
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の大事な基本知識の復習
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務に役立つその他の資格
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。