妊娠中 資格

妊娠中 資格>医療事務の主な雇用形態と待遇

 

 

ここでは、医療事務の雇用形態と待遇について、お話しています。ご参考になれば、大いにうれしい限りです。

 

妊娠中 資格>医療事務の働き方〜正社員

 

医療事務のワークスタイルは、いくつかありますが、最も代表的なものが、正社員です。ご存知のように、正社員は、常時雇用であり、正式に、働く場所の一員になることです。たとえば、病院に正社員として、就職するようになるのであれば、病院の一員となります。フルタイムでの勤務になり、場合によっては、夜間勤務を任せられることもあるでしょう。ただし、医療事務職のメインとも言える診療費請求業務においては、社会保険事務所への確認などが必要であり、基本的には、平日の昼間勤務となります。

 

しかし、救急医療体制のある病院では、休日も開業しています。仮に町医者のような小さな病院勤務であれば、平日の午後が休みであったり、あるいは、日曜の午後が休診という場合もありますが、ローテーション勤務があることを、十分踏まえておくことが大事です。病院は、人の命を預かる場所でもあり、医療に従事する人の過酷な労働条件が問題になっています。医療事務と言えど、その一翼を担うことになるため、通常の会社勤務とは、少々異なると思っていた方がいいでしょう。

 

もちろん、日本国憲法に基づく労働三権、すなわち、団結権、団体交渉権、団体行動権(争議権)を有し、正社員であるなら、組合に入ることも可能です。そうは言っても、医療関連業務は、労働基準法でも認められている特殊業界とも言え、一周40時間労働制と異なる労働体制を敷いていても、違法にはなり得ません。これは、小売業や飲食業などにおいても、認められていることです。いずれの業界も、仕事に楽なことはありませんが、医療においては、公共性を有している面もあり、医療事務、特に正社員での勤務であれば、病院を営んでいる一人との自覚を持つことが必要かと思います。

 

なお、正社員での医療事務就業を希望している場合、始めから正社員で雇用されるケースもあれば、最近では、派遣社員から始めるという方法もあります。それは、紹介予定派遣と言われるもので、当初の数か月から半年程は、派遣社員として働き、契約更新時に、派遣先と派遣社員とで合意に達すれば、正社員として、雇用されるというものです。紹介予定派遣のメリットは、最初は現場を確認できるとともに、自分の実力を純粋に雇用者側にアピールできる点です。

 

医療事務の場合、実務経験が大事であると言われ、仮に未経験で正社員を希望していれば、紹介予定派遣から始めるのも、有効な就業方法でしょう。ただし、注意すべき点は、契約更新時に、双方合意がなければ、正社員となることはできません。もし合意に達せなければば、その職場を離れる場合もあります。その点は、事前に十分確認する必要があるでしょう。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の働き方〜パート・アルバイト

 

医療事務のワークスタイルには、様々なものがありますが、パート・アルバイトも代表的なものです。医療事務職は、特に女性に人気があり、家庭に入った女性が、近所の病院に通勤するという形で就業できるパートやアルバイトでの就業方法は、非常に利用しやすいものと言えます。

 

専門職で知的職業で病院の花形職業である医療事務と言っても、他のパート・アルバイトと雇用のあり方は、それほど変化はありません。一日の内で、数時間だけの勤務が可能であり、たとえば午後の4時間ということでも、就業可能です。あるいは、休日のみ、さらには、平日のフルタイム勤務のみなど、応用の利く働き方と言えます。しかも、家の近所であれば、幼稚園や小学校の子供のいる女性であれば、バランスの取れた、ライフスタイルとの兼ね合いができるでしょう。

 

パート・アルバイトの形態で忘れられがちなのが、雇用元が働くところそのものというところです。昨今、世界同時不況の影響で、にわかに不安定雇用が話題になりました。派遣が代表的なものとされましたが、契約社員、さらには、パート・アルバイトも、不安定雇用の一つとして、語られました。しかし、パート・アルバイトの場合、雇用元が他社ではなく、自社になります。その点では、自社の正社員と変わりません。医療事務で言えば、病院などの医療関連機関が雇用主であり、その機関に雇われた人と変わりのない立場と言えるでしょう。したがって、昨今の世界同時不況で話題になったような派遣切りのような突然の契約終了などは、ケースとして、非常に少ないと言えます。不況時の人員整理は、まず他社の人間からと言うのが、セオリーと言えるでしょう。けれども、パート・アルバイトの最大の問題は、常時雇用の一種でありながらも、就業時間が短いため、賃金安になるということです。パート・アルバイトについては、正社員並み待遇が必要との意見もあります。

 

また、パート・アルバイトのみならず、他のワークスタイルにも当てはまることですが、最低賃金法で決められている金額よりも、低い賃金で働いている人が、多数存在します。医療事務がそうであるとは、断言できませんが、地方に行けば、最低賃金の問題が関係してくるとも言えます。各自治体により、最低賃金に格差があるため、この点については、注意が必要でしょう。そうはいっても、子供のいる女性にしてみれば、パート・アルバイトは、働きやすいワークスタイルに、変わりはありません。何事も、自分の環境に合うのか合わないのかが、ワークスタイルの選択に大事なことです。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の働き方〜派遣社員

 

医療事務の働き方としては、種々のものがありますが、派遣社員としてのワークスタイルも、代表的なものです。昨今の世界同時不況で派遣がにわかに話題になり、あまりいいイメージを持たれてはいないかもしれません。しかし、派遣の趣旨は、あくまでスキルのある人を対象とした雇用形態であり、たとえ臨時の雇われ方であろうと、職に困ることはないだろう、とういうものです。世界同時不況下で話題になった派遣は、いわば単純労働の派遣であり、21世紀早々に行った規制緩和の影響によるものです。つまり、正確に言えば、派遣問題とは、規制緩和の問題であり、セーフティー・ネットを構築する場合に、どこで線引きをするかということでしょう。したがって、派遣という雇用形態が、すべて悪であるという訳ではありません。

 

ある分野においては、未経験者の入り口として、派遣社員から始めるというものがあり、翻訳や通訳などは、その代表的なものです。医療事務においても、それが当てはまるかと思います。医療事務の場合、年齢などの条件がありませんが、実務経験が大事になります。そのため、まずは、派遣から現場を知り、そこから徐々にステップアップしていくことが、常道とも言えるかもしれません。

 

 

また、派遣には、正社員雇用を前提とした紹介予定派遣というものがあります。これもまた、派遣社員として働く、一つの道とも言えるでしょう。なお、待遇としては、パート・アルバイトよりは、賃金が高いですが、契約期間中は、「社員」の肩書があり、正社員並みとは言えませんが、それなりの責任を伴った仕事をしなければなりません。勤務先などにもよりますが、一般的には、フルタイム勤務になると考えておいた方が、ベストです。

 

また、契約社員も、一種の派遣社員と言えます。契約期間があり、更新をすることで、働き続けることです。ただし、契約社員は、あくまで雇用先に雇われる労働者であり、派遣社員のように、外部の人間ではありません。ちなみに、派遣社員のような外の人間は、外注と呼ばれます。不景気になれば、外注を増やすということが言われ、アウトソーシング企業が多忙になりがちです。しかし、派遣社員は、あくまで外の人間になるので、人員整理の場合は、真っ先に契約終了が告げられることが、多くなっています。派遣切りも、この点が問題になり、スキルのある人でも、雇用形態から、それは免れられないでしょう。

 

そうは言っても、きちんとした実力があれば、派遣社員として、職場を変えながらも、一定の雇用先を確保することが可能です。やはり、大事なことは、能力があるかどうかが、派遣社員としての基本的なあり方と言えるでしょう。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の働き方〜個人事業主

 

医療事務の中には、完全なフリーの形で、従事できる形態もあります。それが、個人事業主というものです。個人事業主は、弁護士や司法書士、あるいは、スポーツ選手や作家などと同様の立場と言えます。つまり、字義通り、個人で事業を営む人を指し、個人商店の経営者も、自営業としての、個人事業主です。また、医者でも、個人病院を営んでいれば、個人事業主であり、町医者は、この中に入ります。

 

個人事業主の特徴は、その経営形態で見れば、税金との関係になるでしょう。毎年年末になれば、確定申告の時期が宣伝されますが、個人事業主として認められていれば、青色申告と呼ばれるものになり、財務表の提出が必須となっています。個人事業主であれば、一定の税制処置を受けられることになりますが、収入が一般サラリーマン並みになければ、個人事業主ではなく、給与所得以外での労働者、つまり、雑所得者として、申告すれば、問題はないと言えます。

 

医療事務の場合、請負契約になり、医療関連機関側が発注し、個人事業主が受注することになります。仕事の進め方は、受注側に任せられますが、発注側の希望に沿うように、完成品として、納品する必要があります。たとえばある医療関連機関から診療請求費の計算を依頼されれば、発注側の希望に沿うように、計算書などを納品することになります。

 

請負契約の場合、発注側からも受注側からも、どちらからでも、任意に契約終了することができます。そうは言っても、一旦結んだ契約をきちんと最後までやり遂げることが、ビジネスの常識とも言えるでしょう。

 

個人事業主の場合、雇用ではないため、報酬という形で、金銭を受け取ります。しかも、成果報酬の形を取っているため、発注がなければ、仕事はありません。そのため、報酬額もまちまちであり、ベテランあるいは長い契約関係などがある以外は、雇用よりも、報酬が低いとも言えます。しかし、実力をつければ、一定の相場額を確保することができ、ある意味、スキルを元にした派遣社員の延長とも言えるでしょう。雇用に限らず、やはり、ビジネスには、信頼が大切です。まずは、どんな形でもかまいませんので、実際の現場を経験してから、個人事業主として医療事務を始める方が、無難とは一般には言われています。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の働き方〜在宅ワーク

 

医療事務の働き方は、様々ありますが、在宅ワークもそのうちの一つです。字義通り、自宅で行う仕事であり、個人事業主とさほど変わりはありません。雇用形態ではなく、仕事が発注されれば、受託するという、成功報酬型の業務形態です。しかし、敢えて比較したことを言えば、個人事業主が正社員であるなら、在宅ワークはパート・アルバイトと言えるでしょう。

 

個人事業主の場合、事業と付くからには、完全な個人ビジネスとして、営んでいます。税制上でも、一定の処置が行われ、なおかつ、個人事業主としての届け出をしなければ、個人事業主として名乗ることができません。言ってしまえば、個人の名をかたった会社形態のようなものです。

 

一方、在宅ワークの場合は、ほかに仕事がありながらも、空いた時間を業務に使うというのが、一般的な内容です。以前は、主婦の仕事と言えば、雇用ではパート・アルバイト、成功報酬では在宅ワークというのが、社会的な観念のようになっていました。しかし、80年代半ば当たりから、男女雇用機会均等法の影響も考えられますが、在宅ワークが女性もものだけに限られなくなりました。日本経済のバブル崩壊以後、在宅ワークを行う男性も増え、経済力の陰りが見える中で、個性豊かな働き方が、日本の中にも浸透していったのでしょう。私から見れば、不幸中の幸いと思いますが、皆さんは、いかがお思いになるでしょうか?

 

いずれにせよ、在宅ワークは、空いた時間の有効活用の手段に見られがちであり、一般的な仕事では、たとえパソコンを使っていても、かつての内職のような賃金となっています。しかし、内職においても、スキルのある人は、どんどん報酬が上がっていきます。在宅ワークについても同様であり、医療事務についても、同様なことが言えます。

 

極論を言えば、正社員以外の就業形態は、自由度が高い半面、実力が問われるとも言えます。ムラ社会と見られる日本においては、いまだ敬遠されがちな就業形態ですが、社会の多様性を表すものでもあります。個人的な意見ですが、社会的ステイタイスが、今以上にもっと向上すれば、と思っています。ともあれ、在宅ワークは、成功報酬型仕事であり、他の業務をこなしながらも、行うことができます。税制上、在宅ワークでの収入は、個人事業主と異なり、すべて雑所得と見なされます。年収が30万以内であれば、確定申告を行う必要がなく、また、必要経費が認められれば、源泉徴収が戻ってくることもあります。ちなみに、必要経費は、パソコンなどを利用していれば、電気代や家賃なども含まれます。要するに、業務に関する費用であれば、必要経費にみなされます。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の働き方〜外注契約

 

医療事務の働き方も多様ですが、そのうちの一つに、外注契約もあります。外注というと、雇用形態の一つである派遣社員を連想しがちですが、ここでい外注契約とは、雇用ではない形です。個人事業主でもなく、かといって、在宅ワークでもない形態で、業務を行っているものと言えるでしょう。インターネットが普及した後、SOHOという業務形態が出てきました。端的に言えば、在宅で仕事をすることですが、在宅ワークのように片手間で行うものではなく、個人事業主のように、個人で会社形態を行っていると言えます。要するに、個人事業主と同様ですが、個人事業主としての届け出を行っていない個人事業主と言えるでしょう。

 

こういう形のため、税制上は、個人事業主のものとは異なり、在宅ワークと同様になります。収入のすべてが、給与所得以外の所得と見なされ、雑所得として、計算されます。たがって、必要経費があれば、それも税控除の対象となり、収入が30万以下であれば、確定申告を行う必要もありません。

 

外注契約というからには、請負契約を元に行わるもので、これも個人事業主や在宅ワークと同様です。医療事務で言えば、医療関連機関などからの発注があり、それを受注し、完成品として納品することで、報酬を受け取ることができます。報酬額としては、まちまちというのが、実情でしょう。外注契約であるからには、発注側も、それほど高い金額を望んではいません。雇用した労働者を使うよりも、安いことを前提としているのが、外注契約とも言えますし、もちろん、個人事業主や在宅ワークも同様です。しかし、実力があれば、それだけ報酬額の交渉を行うことができ、どこまで金額が上がるかは、相場次第とも言えるでしょう。

 

外注契約での医療事務は、個人事業主と同様、いきなり未経験者から始めるのは、現実的ではないと言われています。少なくとも、パート・アルバイトや派遣社員などの比較的雇用されやすい形態で就業し、現場を知ってから独立するのが、得策と一般的には言われています。しかしながら、私は医療事務資格をとっていきなり独立開業しました。家事育児のかたわら、一ヵ月の内、月末月初だけ集中的に仕事を受けています。医療事務の資格を取得していきなり仕事を請け負う事も十分可能です。

 

なお、外注契約は、広い概念とも言えます。外に発注する契約になるため、冒頭でお話したように、派遣社員を雇うことも外注契約であり、個人事業主でも在宅ワークでも、外注契約です。仮に独立して医療事務を行っていた場合、たとえ個人事業主だったとしても、外注契約という言葉で、発注される場合もあるかもしれません。その点について、十分弁えておくことも、大事になるでしょう。

 

関連ページ

医療事務の人気の秘密
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容2
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務資格の中身と取得方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の活躍の場
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の大事な基本知識の復習
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務に役立つその他の資格
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。