妊娠中 資格

妊娠中 資格>医療事務の活躍の場

 

 

ここでは、実際に医療事務が活躍できる場所をお話しています。詳細を見れば、色々な現場があることが理解できます。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の活躍の場 病院

 

医療事務の働く場所と言えば、オーソドックスと言えるのが、病院勤務です。特に医療事務は、求人が豊富であり、正社員でも派遣社員でも、あるいは、契約社員であったとしても、個人病院から地域を対象として総合病院まで、幅広くあります。しかしながら病院に勤務するということは、病院の人事体制に参加することでもあり、たとえ医療事務の派遣社員として勤務したとしても、その体制に合わせる必要があります。

 

たとえば、救急医療体制を敷いている病院であれば、交代制で医療事務受付業務を任せられるかもしれません。あるいは、世間一般の休日に出勤することになったり、夜勤をお願いされる場合もあるかもしれません。病院の場合、人命にも関わるため、基本的に年中無休と言えるでしょう。中には、平日の午後を休診としていたり、あるいは、世間一般並みの休みをとれる場合もあるかもしれません。しかし、病院の体制は、不規則であることが原則とも言え、人手不足による、医療従事者の過酷な労働実態が、話題に上ったりします。

 

医療事務は、その名の通り、医療関連の事務を主業務とし、一般の会社で言えば、総務部や経理部などになります。デスクワークが主体と言いますが、医療事務の仕事は多岐にわたり、受付業務はもちろん、カルテの管理業務やアシスタント業務的なことも行います。医療事務従事者が、医師や看護婦などの要望に答えるようになるのも、必然と言えます。

 

雇用の場合は、病院に勤務するということもあり、その点を十分弁える必要があります。ただし、個人事業主や在宅ワークなどにおいては、請負業務になるため、雇用形態の病院勤務とは異なります。主には診療費請求の計算などが発注されて来ることになり、発注側の要求にこたえることが、最優先です。しかし、不規則勤務が病院の基本でもあり納期が迫られる場合もあるでしょう。そういう時は、徹夜仕事になる可能性もあります。

 

雇用にしろ、個人事業主などの独立形態にしろ、メリットデメリットがあることは、間違いのないことです。なお、病院勤務を探す場合は、求人雑誌や新聞の折り込み広告などになります。また、最近では、インターネットを参照にするのも、非常に利便性が高いでしょう。さらに、ハローワークにおいても、求人広告を見つけることが可能です。現代を象徴するように、ハローワークでも、色々な就業形態での紹介がなされています。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の活躍の場 大学病院

 

医療機関の最高峰と言えるのが、大学病院になります。日本の医療システムは、大学病院を頂点に、各総合病院、そうして、町医者とのネットワークが出来ています。しかし、患者側から見れば、まず町医者に掛り、そこでの治療が難しければ、総合病院へと行き、最終的には、その総合病院系列の大学病院へ到ることになります。ネットワーク間には、担当医師の紹介状が必要であり、それがなければ、大学病院などで一般外来を受けようと思えば、非常に待ち時間が長くなります。表現は悪いですが、仮に町医者から診察してもらい、重い病気であるような場合は、大名行列の「おなりおなり」のように、上にあげていくシステムと言えるでしょう。これを総称して、日本の無責任体制と呼んでいる人もいますが、ここでは、話が変わるので、ここまでにしておきます(笑)。

 

いずれにせよ、医療ネットワークも、日本の慣習に合わせた独特のシステムがありますが、頂点である大学病院にも、もちろん、医療事務があります。大学病院でも、さらにピラミッド化されたシステムがあり、世間一般で言われる大学レベルと、ほぼ同様と言えるでしょう。大学病院は、最高峰と見なされるからには、それなりの近代設備が整い、最先端医療を手掛けています。病院の敷地も大きく、仮に医療事務に従事できれば、大企業に勤務することと同じようでしょう。規模が大きい分、役割もきちんとし、ある意味では、総合病院よりも、仕事の割合が少ないかもしれません。しかし、規模が大きいということは、それだけ仕事の影響度も大きいと言えるでしょう。ちょっとした間違いなどには、十分注意が必要です。

 

なお、大学病院においては、医局というものがあります。これは、大学教授などが形成している、独特の組織になります。医療事務に従事していると、医療秘書を行うチャンスもあります。医療秘書は、医師などの秘書業務でもあり、医局での就業が、オーソドックスと言えるでしょう。大学病院で就業すれば、そういう医局についての情報なども耳にすることができ、医療事務としてのステップアップのチャンスがなきにしもあらずと言えるでしょう。

 

ちなみに、大学病院での就業も、総合病院などへの就業と同様、求人雑誌や求人広告、あるいは、インターネットなどを使って、医療事務の求人を探すようになります。しかし、仮に勤務したい大学病院があれば、「医療事務の求人はないか」直接問い合わせをすることも、一つの手です。また、大学病院であるなら、ほとんどがホームページを公開しています。医療事務の求人募集がないのか、こまめにチェックすることも、有効な方法でしょう。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の活躍の場 歯科

 

独特の金属音で有名な歯科であり、もしかしたら、皆さんの中には、苦手な人が多々いるかもしれません。しかし、医療事務が活躍できる場は、一般の病院や大学病院ばかりでなく、歯科医院にもあります。歯科医院の多くは、一般病院などと異なり、総合病院でなく、個人医院として、営んでいる場合が多々あると言われています。そのため、医療事務も、デスクワークのように独立したものでなく、歯科治療と一体となっている場合が多くなっています。そうは言っても、医療事務従事者が、患者の治療に直接携わることはないですが、白衣を身に付け、歯科医師などのアシスタント業務を行うようになっています。それと同時に、受付業務、診療費請求計算、あるいは、カルテの管理などを行います。

 

求人雑誌や求人広告あるいはインターネットの歯科医院からの求人には、歯科助手、あるいは、歯科アシスタント募集の文字を見た人もいるかもしれませんが、まさにそれが、歯科の医療事務となります。ただし、一点注意が必要です。医療事務は、大きく三つのカテゴリーにわかれます。一つ目が医科になり、一般病院などに向けた医療事務になります。二つ目が薬剤になり、調剤を行う薬局などに向けた医療事務です。三つ目が歯科になり、歯科医院向けの医療事務です。

 

世間一般において、医療事務と言えば、一般病院用に医療事務になりますが、歯科医院向けの医療事務は、歯科医療事務とも言われ、少々異なったものと見なされています。大きな点は、歯科の場合、自費で支払う分が多くあり、保険不適用の治療が、一般病院での治療よりも多い点です。そのため、診療費請求計算にも、独特のものがあると言えるでしょう。たとえば、総入れ歯にする場合、患者がその材質を選択することができます。一般病院での治療においては、あまり見受けられない点です。仮に歯科での医療事務を目指しているのであれば、歯科向けの学習などが必要になります。

 

また、歯科医院は、近所に必ず一つあると言っても、過言ではありません。近隣での就業を考えているのであれば、そういう歯科医院に一度相談してみるのも、一つの就業方法です。もちろん、求人雑誌、求人広告、インターネットなどを使って、求人広告を見つける方法もあり、ハローワークにおいても、募集広告を見ることができます。

 

 

妊娠中 資格>医療事務の活躍の場 診療所など

 

医療事務は、医療関連機関で行う事務仕事になりますが、病院や大学病院などに限られません。たとえば、病院程の規模のない診療所においても、医療事務があります。また、調剤を行う薬局においても、医療事務があります。医療事務の主要な業務は、診療費の請求の計算になります。保険の資料費が、点数制に基づき、診療内容が点数化され、なおかつ、基本点数の金額が決まっています。詳細に渡った表になっていますが、それを基準として、計算を行います。

 

しかし、必ずしも診療内容通りとはいかず、手数料などを含める必要もあります。もちろん、消費税もそのうちの一つです。点数の基準額は、1点10円となっていますが、実際は、それほど単純ではありません。そのため、医療事務のような専門職も必要になると言えます。いずれにせよ、病院や大学病院以外での勤務であるなら、診療所と薬局が、代表的なものです。どちらも、医療行為に関連し、それに基づいた診療費や薬剤費などを患者に請求しなければなりません。医療事務従事者の活躍する場所が、確実にあると言えるでしょう。

 

なお、診療所でも薬局でも、求人雑誌や求人広告などを参照し、求人先を探すことができます。病院などと同様、ハローワークでも求人広告があり、現代の情報化社会であれば、インターネットを利用すれば、非常に利便性が高く、かつ、様々な方法に触れることができるでしょう。しかし、仮に自宅近所での勤務を希望であれば、診療所や薬局に、直接尋ねてみることも、一つの手段です。医療事務に就業したいという熱意があれば、そういうことを行うことも、大事になるでしょう。ただし、余計なことですが、求人を訪ねる際にも、常識を忘れないようにして下さい。(笑)

 

ちなみに、医療事務関連資格を取得してから、医療事務に就業しようとする場合、カテゴリーに注意が必要です。医療事務関連資格には、大きく三つのカテゴリーがあり、医科、歯科、薬剤とがあります。医科および歯科においては、共通している医療事務関連資格もありますが、薬剤においては、独特の医療事務関連資格になっています。今回話題にした診療所と薬局であれば、診療所は、医科および歯科の医療事務関連資格でも問題ないですが、薬剤については、その限りではありません。したがって、医療事務関連資格を取得してから、診療科もしくは薬局での就業を目指しのであれば、その点を十分弁えておくべきでしょう。ただし、医療事務は資格がなくても、十分対応可能です。結局最後は、何事にも通じるように、自分次第ということになります。

 

 

妊娠中 資格>医療事務募集の見つけ方

 

 

ここでは、医療事務の求人募集について、お話してます。どんなところで、見つけることができるのでしょうか?

 

妊娠中 資格>医療事務の主な求人広告掲載先

 

皆さんの中にも、転職活動を行った人も、多々いるかと思いますが、その場合、どういうものを使って、目的の求人広告を探したでしょうか?専門の求人雑誌でしょうか? それとも、求人広告でしょうか?あるいは、新聞の求人欄でしょうか?さらには、ハローワークであったり、最近の顕著な傾向である、インターネットによる検索でしょうか?いずれも、現代においては、代表的な求人の探し方であり、試験の解答のような不正解ということはありません。いずれの方法でも、求人広告を見つけることができます。医療事務においても、実情は同様です。

 

たとえば、場所を気にしないのであれば、求人雑誌や新聞の求人欄、あるいは、インターネットを使っても求人広告を見つけることができますね。特にインターネットにおいては、自宅にいながら、非常に多くの情報に触れることができ、巨大なデーターベースを、瞬時の間に、検索することが可能です。しかし、地域限定の働き方をしたいというのであれば、求人広告やハローワークを利用するのが、最適な方法になります。特に、新聞の折り込みで入って来る求人広告は、基本的に地域の求人情報です。意外にも、身近でよく知っている病院や薬局で、医療事務を募集している場合もあり、こまめなチェックが大事とも言えます。

 

また、インターネットにおいても、地域限定で検索すれば、非常に有益な情報が入るかもしれません。たとえば、東京都台東区内での医療事務勤務を望んでいるのであれば、その旨の検索を掛ければ、多くの関連ページにヒットします。さらに、ホームページの中には、口コミサイトなどがあり、経験者の言葉を閲覧できることができます。地域限定で検索し、そういうページを見つけ、応募の参考にするのも、有効でしょう。ただし、口コミサイトなどでは、悪戯目的で書き込んだり、あるいは、誹謗中傷のようなものもあります。最後は、書き込まれた内容を自分が信用するかどうかにあり、基本は、自己責任と言えます。

 

以上、医療事務の求人広告の掲載先になりますが、地域限定での求人探しには、直接目的の医療関連機関に問い合わせるという方法もあります。家の近所で、病院や薬局などがあれば、一度尋ねてみることも、一つの方法でしょう。また、親戚や知人、友人に連絡し、医療事務の求人情報について、相談してみることも、求人探しの一つの手です。

 

 

妊娠中 資格>医療事務とワークスタイル

 

医療事務は多種多様な働き方、雇用形態が可能なだけに、どのような働き方を選択するかも重要なポイントになります。ワークスタイルは、当り前のことかもしれませんが、ライフスタイルに密接に関係していますので。ある人たちにすれば、ワークスタイルは、ライフスタイルの一つと見なすことでしょう。それだけ、仕事と生活は、生きて行く上において、非常に大切なことです。そのため、ワークスタイルを確立するには、自分のライフスタイルを十分鑑みる必要があるでしょう。

 

医療事務においてなら、たとえば、小さな子どもがいるのに、給与が高いと言って、フルタイム勤務にすれば、子どもとのライフスタイルに支障を来す場合があります。さらに、その逆で、平日の日中、子供が学校に言っているため手が離れるのに、些細な在宅ワークで済ませてしまい、手持無沙汰になることも、時間の無駄遣いとも言えます。しかしながら、夏休みなどの長期休暇もありますから、どんな家庭を築いていきたいか、子どもとどう向き合っていくか、それぞれの思想信条で決めるしかないかと思います。

 

生活時間は限りがあるものですが、できるだけ有効に使い、翻って、それが生活の支えになれば、有益になることは、言うまでもありません。医療事務には、色々な働き方があります。フルタイム勤務が可能なら、正社員、契約社員、派遣社員のような雇用形態があります。また、自由に時間を使いたいのであれば、個人事業主、在宅ワーク、外注契約の業務形態があります。いずれも、最終的には、自分の環境や希望との兼ね合いとなるでしょう。

 

ただし、注意しておくべきことは、いずれの働き方を選んだとしても、ある程度の契約外のことが発生することも、踏まえておく必要があります。個人事業主の場合、請負契約であるので、発注者の望み通りに納品すれば、それで最低限のことは達成されています。しかし、業務に絡んで、余計なことを依頼される場合があります。診療請求の計算のみであるのに、それの仕分けまでも、後から依頼されることもあります。なおかつ、その付帯業務に報酬が発生しないこともあります。それを受けるか受けないかは、自分次第とも言えます。しかし、大事な取引先であれば、表現が悪いですが、おまけの仕事をやりこなすことも、取引の継続には、大切なことであると言えるでしょう。これは、個人事業主でなく、雇用形態である正社員、契約社員、派遣社員においても、同様です。

 

いずれにせよ、ワークスタイルの選択は、最後は自分次第です。環境を十分弁え、選択するようにし、くれぐれも無理のないようにすることが大事です。無理をすると、自分を痛めるだけでなく、他者にも影響が及ぶことを、十分認識することが、大切です。

 

 

妊娠中 資格>医療事務募集の見つけ方 雇用形態にも注意

 

医療事務に従事する形態は、種々のものがあります。まず、雇用形態としての正社員、契約社員、派遣社員、そして、パート・アルバイトになります。また、業務形態として、個人事業主、在宅ワーク、外注契約があります。いずれの従事する形も、メリットおよびデメリットがあります。雇用形態については、当り前のことですが、拘束時間が長いと言えます。確かに、パート・アルバイトにおいては、その趣旨でもあるように、一日のうちの数時間を業務に費やすことになります。医療事務であるなら、病院に午後からしか勤務しないということです。けれども、業務に従事するとは、その時間は確実に自宅を離れ、職場に赴くことになります。それだけ拘束されると言えます。

 

一方、医療事務の場合、業務形態においては、自宅での作業が可能ですが、請負契約の場合、納期が決められます。延長依頼が可能な時もありますが、いたずらに延長が続けば、次からの発注がなくなる可能性もあります。したがって、納期延長についても、慎重に行う必要があるでしょう。また、同じ形態の中にも、違いがあります。

 

雇用形態でも、正社員は、常時フルタイムの勤務であり、深刻な経営不振などなければ、むやみに解雇されることは、基本的にあり得ません。しかし、契約社員や派遣社員の場合、契約期間に基づく雇用のため、期間が終わるとともに、契約も終了ということがあります。特に派遣社員の場合は、他社の人間扱いであり、外注として、契約終了になるケースが、発生しやすいと言えるでしょう。

 

翻って、業務形態においても、たとえば在宅ワークであるから、楽だということはありません。在宅ワークと言っても、職場が自宅であるだけで、仕事をするということに変わりはありません。納期が迫っていれば、それだけ仕事に費やす時間が増え、場合によっては、徹夜しなければならないこともあります。さらに、空いた時間を有効に使うのが、在宅ワークですが、子供の面倒が二の次になってしまうこともあり得ます。

 

要するに、どんな形態であれ、医療事務に従事する場合は、それなりの責任を伴うということです。たとえ正社員になり、安定したと言っても、その代わりに、膨大な仕事に立ち向かう可能性もあります。何事にも言えていることですが、医療事務においても、仕事への取り組みには、十分気を付けるべきということです。

 

 

 

関連ページ

医療事務の人気の秘密
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容2
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務資格の中身と取得方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の主な雇用形態と待遇
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の大事な基本知識の復習
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務に役立つその他の資格
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。