妊娠中 資格

妊娠中 資格>医療事務に役立つその他の資格

 

 

ここでは、医療事務業務において、有益になるような、その他の資格についてお話しています。

 

妊娠中 資格>医療事務と介護関連資格

 

太平洋戦争終了後に生まれた世代を、団塊の世代と言います。ほかに安保世代ともいう言葉もあり、戦後の第一次ベビーブーム世代とも言えます。ベビーブームというからには、それだけ人口が多いことを意味します。日本が高度成長期を迎え、経済が安定化して行きましたが、それが促進されるにつけ、少子化問題が生まれました。そのため、少ない現役世代で、老齢者たちの保険等を賄う必要があり、保険財政が破綻するのでは、という懸念が指摘されています。そういう社会を高齢化社会と言い、おそらく21世紀半ば頃になれば、現在よりも益々高齢化社会が進んでいると言えます。

 

財政危機も大事ですが、高齢化が進むということは、それだけ老齢者への援助などが大事になります。言葉を換えれば、高齢者化社会に向けた業務が増えるとも言え、その一つが介護になるでしょう。介護保険は、40歳以上で強制加入となりますが、公的介護と民間介護があります。前者は、介護保険に基づいた介護になりますが、後者は、民間企業が営む介護です。公的介護は、費用などが安く済みますが、その分、要介護の等級などが、実質に合わないとの指摘もあります。そうは言っても、確実に訪れている高齢化社会においては、介護を担う人材が必要であり、まら、介護を目指している多くの人たちもいます。

 

実は、医療事務で行う診療費請求業務は、介護事務においても、有益だと言われています。そのため、医療事務経験者が、介護の資格を取得すれば、非常に有利に働くとも言えるでしょう。いずれに分野も、特別なものでない限り、資格があれば、それで終わりというものではありません。それなりの知識のある証明であり、特に未経験職種に従事しようとする場合のアピールの一つになり得る、というものです。

 

介護の資格としては、ケアクラーク技能認定試験、福祉事務管理技能検定試験、介護報酬請求事務技能検定試験などがあります。いずれも、財団法人などの公的機関が運営し、公的資格として認められています。なお、資格の勉強などは、医療事務関連資格取得と同様、資格学校への入学、資格講座の受講、さらには、独学などがあります。また、求人の探し方も、医療事務と同様と言えるでしょう。求人雑誌、求人広告、インターネットなどを駆使し、介護関連の職種を見つけるようになります。

 

 

妊娠中 資格>医療事務に役立つその他の資格 ホームヘルパー

 

ホームヘルパーは、訪問介護者とも呼ばれています。主に高齢者や心身に障害のある人の手助けのため、家庭に訪問し、食事や入浴、あるいは、自宅内での移動、洗濯などの補助を行うものです。約20年前に、厚生労働省が主体となって実施した訪問介護士の資格が必要であり、1級から3級までの資格となっています。厚生労働省の決めたカリキュラムに従った講習などを受講する必要もあります。さらに、3級では就業が難しいと言われています。高齢社会を鑑みた資格として、厚生労働省が実施しましたが、現実は、ホームヘルパーを求める人が非常に多くても、供給が追い付いていない状態です。要は、人手不足の状態であり、世界同時不況下においても、状況に劇的な変化があったとは耳にしていません。原因としては、現実の労働と賃金が見合わないことが、指摘されています。

 

日本の特徴とも言えるかもしれませんが、教師などと同様、ホームヘルパーの場合は、公共性が高く、金銭対価を求めることは、倫理に反するような気持ちがあります。いわば、聖職に近いものと見なしがちであり、公共性が高いものであっても、それの対価を金銭でもって、賄うことに抵抗があるとも言えるでしょう。けれども、戦後史を見れば、「エコノミック・アニマル」と揶揄されたように、経済一辺倒の社会を創り上げてきました。それは、戦前期の裏返しとも言えますが、そういう経済に偏った体制を敷きながらも、ホームヘルパーなどには、金銭対価を鑑みないことは、わたしの言葉にすれば、ご都合主義のように思います。正直、わたし自身も、なんでも金で解決ということを好んではいません。

 

しかし、それなりの対価が必要であることは、人間の欲望から見ても、肯定できることであり、かつ、生活がしっかりしていなければ、助けを必要とする人の役に立つことも不可能でしょう。つまり、患者の面倒を見る人が健康でなければ、患者も迷惑になるということです。そうは言いながらも、現状でホームヘルパーになろうと、日夜必死になって、勉学に励んでいる人もいるかと思います。医療事務をきっかけにホームヘルパーを目指すのでも、きっと役に立つことができるでしょう。極論を言えば、ホームヘルパーや介護について、いずれは自分にも関わりが出てきます。決して他人事ではないということが、需要であるとも言えます。

 

 

妊娠中 資格>医療事務に役立つその他の資格 英語関連資格

 

2008年秋にリーマンショックが起こり、以来、世界同時不況となっています。アメリカのウォール街を発信源とし、瞬く間に世界に広がりました。これについての原因は色々ありますが、ある意味、国際化の象徴とも言えるでしょう。国際化とは、端的に言えば、世界との交流を活発にすることであり、国内市場への外資参入が、典型的なものになります。そういう状況になると、国内に外国出身者が訪れたり、あるいは、居住する数も多くなります。現に、東京においては、ビジネスの現場に日本人が全くいないという会社もあります。そういう場所においては、日本語でなく、英語が共通語であり、最低でも英語を知らなければ、日本国内でも、コミュニケーションが不可能になると言えます。

 

医療事務においても、似たような状況が発生する場合があります。現場が外国人ばかりになるという意味ではなく、外国人を相手にした場合、日本語が分からないケースが考えられます。たとえば、観光で来た外国人が、病院に駆け込んだ時、日本語を知らなければ、最低英語を使う必要があります。現代では、世界共通語とも言える英語であり、日本に来ていたとしても、日本語でなく、英語なら話せるという外国人も多くなっています。したがって、医療事務に従事するとしても、英語のスキルが大事になる場合があります。

 

代表的な英語の資格と言えば、TOEICがあります。定期的に試験が行われ、客観的な英語の力を試すには、最適な試験かもしれませんまた、TOEFLという留学者向けの資格もあります。さらには、伝統的とも言える、通称英検こと英語検定、あるいは、国連英検なども、代表的な英語の資格になります。ただし、英語の資格があれば、英会話ができるかというとそうは言えません。たとえば、TOEICで900点取った人でも、会話はしたくないという人も存在し、そういう人は、英語を口にすることもないでしょう。また、点数が高くても、簡単な英語を話すことができない人も、確かに存在します。

 

仮に英語の資格がなくても、多少なりとも英語圏での暮らしなどがあり、英会話の抵抗がないということであれば、資格云々よりも、そちらの方が、実力があるとも言えます。医療事務の面接などで、十分アピールできると言えるでしょう。会話の難しいところは、こういう客観的証明では判断できないものが、存在するということです。とはいえ、英語の資格があれば、アピールポイントの一つになり得ます。取得して無駄になることはないかと思いますが、最終的には、使い方は、自分次第とも言えるでしょう。

 

 

妊娠中 資格>医療事務に役立つその他の資格 パソコン関連資格

 

1995年秋にWindows95が発売され、瞬く間にパソコンブームが、日本中に吹き荒れました。ブームと言っても、一時のもので終わらず、その後、普及が進み、今ではパソコンが一人一台の時代になりました。そうして、インターネットも同時的に普及し、ブロードバンドも一般に浸透し、光回線を利用している人も、かなりの数に及んでいます。これは、一般人のみでなく、ビジネスの現場においても、同じようであり、パソコンのない職場はないと言えるでしょう。パソコンを専門に扱う職種も、社会的なステイタスを得て、今後も、ますますネット社会が進んでいくものと見られています。

 

医療事務においても、この流れから免れることはできないでしょう。それよりも、パソコンがなくては、業務ができないとも言えます。病院内のパソコンをLAN化し、カルテ情報なども専用データーベースに蓄積され、診療費請求の計算などに利用されます。医療事務でなくても、医師が診察を行いながら、データベースへの入力を行ったりし、あるいは、処方などの参考に、データーベースなどを参照したり、色々な方便に、利用されています。

 

こういう事情から、パソコン関連の資格を持っていることも、不利益になることはないでしょう。たとえば、ネットワークエンジニアのように、本格的なIT資格でなくても、マイクロソフトオフィススペシャリスト、あるいは、パソコン検定などの主に操作面を重視した資格があれば、十分アピールポイントになり得ます。ただし、英語の資格と同様、パソコンにおいても、資格があれば、それで実力がついていることにはなりません。言ってしまえば、一部のものを除いて、すべての資格に言えるのでしょうが、資格は資格にしかすぎません。パソコンにおいてなら、過去に仕事などで利用し、操作に慣れていれば、それだけで業務に支障がないとも言えます。「パソコンはあくまでも手段の一つ」医療事務においてであれば、医療に関わる事務が主要な仕事です。パソコンの技能に囚われ、本末転倒にならないように、気をつけましょう。

 

なお、自宅にパソコンがあれば、操作面を練習するには、独学が十分可能です。パソコンの基本操作の参考書を購入し、それを元に技能を身につけるのでも、問題はないでしょう。もし在宅ワークなどを希望しているのであれば、パソコンは発注側との連絡手段でもあり、所有する必須があるでしょう。将来を踏まえるならば、思い切って、パソコン購入を考慮することも、大事なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

医療事務の人気の秘密
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の気になる仕事内容2
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務資格の中身と取得方法
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の主な雇用形態と待遇
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の活躍の場
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。
医療事務の大事な基本知識の復習
妊娠中に多くの妊婦さんが抱く不安や疑問をご説明しています。また妊娠の経過やその時々の症状や注意点などについても詳しくご説明しています。