妊娠後期 体重

妊娠後期の不安や疑問〜妊娠後期 体重〜

 

 

妊娠後期 体重

 

妊娠中はやたらと「太っちゃダメ」とうるさく言われるので、妊婦さんには耳の痛い話かも知れません。
でも、本当に体重の増えすぎは危険なのです。

 

肥満は妊娠高血圧症行群や妊娠糖尿病などの、胎児にとって命にかかわるような病気を引き起こします。 また、産道が狭くなったり微弱陣痛になったりすることで難産になります。産後、体重を元に戻すのも大変です。

 

特に妊娠後期は急激に太りやすいと言われています。

 

 

妊娠後期 体重

 

妊娠中はもともと太りやすいのですが、
妊娠後期は味覚の変化で急に甘いものが欲しくなったり、またお腹が重くなる、産休や里帰りなどで体を動かさなくなるなどの理由で余計に体重が増えやすいと考えられています。

 

肥満が危険であるということと、妊娠後期は太りやすいということで、妊娠後期の定期健診では体重についてよく指導が行われます。

 

妊娠後期の終わり(出産間近)頃には、どのくらいの体重増加が適正なのでしょうか?

 

目安としては、身長と体重から算出したBMIから
「やせ型」か「標準型」か「肥満型」かを割り出し、
適正増加を調べる方法があります。

 

  • BMIの値 18未満 (やせ型) ・・・・・・・・+10〜12kg
  • BMIの値 18〜25未満(標準型) ・・・・+7〜10kg
  • BMIの値 25以上(肥満型) ・・・・・・・・+5〜7kg

(※BMI=妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))