妊娠 臨月

妊娠後期の不安や疑問〜妊娠 臨月〜

 

 

妊娠後期 臨月

 

臨月とは、妊娠10ヶ月(妊娠36週〜妊娠39週)の時期を指します。

 

長い妊娠生活の中、お腹の中の赤ちゃんと一緒にいられる最後の月です。妊娠して臨月を迎えたら、どのようなことに気をつければ良いでしょうか?

 

厳密に言うと、臨月は赤ちゃんがいつ生まれてもいい「正産期」とは違います。

 

臨月は妊娠36週0日〜妊娠39週6日までの間で、
正期産は妊娠37週0日〜妊娠41週6日の間です。

 

 

 

妊娠後期 臨月

 

臨月に入っても妊娠36週6日までは早産にあたります。しかし、ここまでくると赤ちゃんもしっかり成長していますから、早産と言ってもあまり心配することはありません。

 

妊娠10ヶ月になると赤ちゃんは体重が2700〜3400g、身長も48〜53cmにもなります。お腹の中はかなり窮屈な状態です。胎動も以前のような大きな動きではなくなります。

 

臨月になると赤ちゃんは体を少し下の方に移動させ、頭を骨盤に固定します。

 

 

 

妊娠後期 臨月

 

 

赤ちゃんが下がるとこれまでのような胃を圧迫するような感覚がなくなるため、急に食欲が増します。味覚の変化で甘いものが欲しくなったりしますが、臨月とはいえ妊娠高血圧症などの危険性はありますから、最後まで気を抜かないようにしましょう。

 

 

臨月になったらいつお産が始まっても大丈夫なように、入院に必要なものをバッグにまとめておくようにしましょう。家族との打ち合わせも大切です。