妊娠 アルコール

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠 アルコール

 

 

 

妊娠 アルコール

 

 

アルコールは誰でも気軽に手に入れることができる飲み物ですが、妊娠中のアルコールは立派な毒物だと考えて下さい。妊娠中の方は、基本的に飲酒を控えるべきだと思います。

 

 

妊娠 アルコール

 

アルコールは胎盤を通して簡単に胎児に移行します。母体には肝臓にアルコール解毒機能がありますが、胎児にはまだそれが十分備わっていません。

 

すると、アルコールの分解成分であるエタノールやアルデヒド毒性が、弱い胎児を直撃することになります。ママが軽いほろ酔いのつもりでも、赤ちゃんは猛毒にさらされているのです。

 

 

妊娠 アルコール

妊娠中のアルコール摂取で最も怖いのは、障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性があることです。これを胎児アルコール症候群=Fetal AlcoholSyndrome(FAS)といいます。

 

FASの症状としては、
顔や頭蓋骨などの奇形、
発達障害・学習障害・適応障害などの
脳の障害があります。

 

妊娠初期の飲酒は奇形を発生させ、
中期から後期の飲酒は発達遅滞や中枢神経障害を発生させやすいと言われています。

 

 

 

妊娠 アルコール

 

「本当に1滴もダメなの?」「グラス1杯くらいならいいでしょ?」という気持ちになると思いますが、残念ながらどの程度なら安心という共通の目安はありません。

 

酔いやすい人とそうでない人がいるように、FASになりやすい人とそうでない人がいるのです。

 

したがって、「友人は妊娠中でも毎日晩酌をしていた」という人でも、自分もそうなるとは限らないことを認識しておきましょう。