妊娠 たばこ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠 たばこ

 

 

妊娠 たばこ

 

妊娠中の喫煙は大変危険です!平時でもたばこは体に良くないことは知られていますが、妊娠中は
自分だけでなく胎児にも多大な影響を与えます。
妊娠中のたばこは厳禁です。

 

たばこには200種類以上の有害物質が含まれています。特に妊婦にとって問題なのは、ニコチンや一酸化炭素です。

 

ニコチンは血管を収縮する作用があるので、母体の血流が非常に悪くなります。また、一酸化炭素は血液中の酸素量を低下させる働きがあります。

 

 

 

妊娠 たばこ

 

その結果、子宮や胎盤の血流が悪くなり、胎児に
十分な酸素が行き届かず、発育低下をもたらします。

 

妊娠中のたばこの喫煙によって考えられる危険性は数えきれません。低出生体重児、自然流産、早産、周産期死亡率、常位胎盤早期剥離、乳幼児突然死症候群などの、母子の命に関わるようなトラブルの発生率が非常に高くなります。

 

例えば、妊娠中もたばこを吸っていた場合、吸っていなかった場合と比較して以下のような発生率の違いがあるというデータもあります。

 

 

妊娠 たばこ

  • 低体重児の発生率は約2.5倍
  • 早産の発生率は約3.3倍
  • 流産の発生率は2倍

 

妊娠が分かったらすぐに禁煙を、
と言いたいところですが、たばこは依存症ですので、すぐにやめられるほど簡単なものではありません。

 

また、妊娠中はニコチンパッチが使えないなど、通常の禁煙よりもさらに制限があり大変なのです。よって、できれば妊娠する前に、余裕を持ってやめられるのが理想的ですね。