妊娠 レントゲン

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠 レントゲン

 

 

妊娠 レントゲン

 

妊娠中にレントゲンを撮るのは何だか怖いですが、実際にはどの程度危険なのでしょうか?

 

結論から言うと、通常の医療目的でX線検査やCT検査を受けたとしても、胎児に悪影響を与えることはありません。なので、妊娠に気づかず歯医者でレントゲンを撮ってしまったとしても、1回のレントゲン撮影くらいであわてる必要はありません。

 

具体的な被曝量で表わしてみましょう。

 

 

妊娠 レントゲン

 

胎児の被曝の程度は、Gy(グレイ)という単位を用います。通常被曝量はSv(シーベルト)という単位を使うのですが、胎内にいる胎児の被曝を表すものとしては適当ではありません。

 

さて、妊娠中に放射線を浴びることによって胎児への奇形などの影響を与える放射線量の最低ラインは、
100mGy〜200mGyとされています。

 

そして、主な検査方法とその放射線量は、おおよそ以下の通りです(単位:mGy)。

 

妊娠 レントゲン

 

  • 頭部レントゲン・・・0.01以下
  • 胸部レントゲン・・・0.01以下
  • 腹部レントゲン・・・1.4
  • 腰椎レントゲン・・・1.7
  • 頭部CT・・・0.005以下
  • 胸部CT・・・0.06以下
  • 腹部CT・・・8.0
  • 骨盤部CT・・・25.0

 

 

このように、通常の検査であれば、最低ラインの100mGyを超えることはありません。よって、通常病院で受ける程度のレントゲンであれば、妊娠中でも胎児に影響がないことが分かります。しかし念の為、検査時には必ず妊娠中であることを告げましょう。