妊娠 アロマ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠 アロマ

 

 

妊娠 アロマ

 

アロマセラピーには、香りによる精神的なリラックス効果や、アロマ成分を取り込むことによって肉体的な不調の改善を促してくれる効果があります。

 

妊娠中でもうまくアロマを活用することによって、マイナートラブルを改善して快適な妊娠生活が送ることができます。

 

妊娠中は自律神経等の不調によって、病院にかかる程ではないが本人にとってつらい症状が多く出てくる時期です。

 

 

 

妊娠 アロマ

 

そんな時には自然の力を利用したアロマが効力を発揮します。例えば、妊娠初期のつわりやイライラなどには、芳香浴によって脳をリラックス。

 

妊娠中期の肩こりや妊娠線の予防に
アロママッサージ。

 

妊娠後期に多いむくみや足がつるなどの症状には
足浴やマッサージ、という活用法があります。

 

使うアロマの種類は基本的に好きなものや目的の効果があるものでかまいませんが、妊娠中の方には何でも良いというわけにはいきません。

 

 

 

妊娠 アロマ

アロマの種類によっては通経作用(月経を促進する働き)や子宮収縮、ホルモン分泌に作用する成分もあり、妊娠中は使用を控えるべきものがあります。

 

例えば、通経作用のあるフェノール類、ケトン類は、妊娠初期には避けた方が良いでしょう。

 

詳細は使用前に専門家に確認しましょう。一方、柑橘系のグレープフルーツ、レモン、オレンジは初期からOKです。血行促進などの効果があり、妊婦さんにもおすすめです。