妊娠 歯医者

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠 歯医者

 

 

 

妊娠 歯医者

 

妊娠中は歯が悪くなることが多いと聞くのですが、何が原因なのでしょうか?

 

昔はよく「赤ちゃんにカルシウムを取られるから」と言われていましたが、実はこれには医学的根拠はありません。

 

本当の理由は、妊娠中のホルモンバランスの変化で口の中が酸性に変化し、だ液の量が減ること、そしてつわりなどで歯のメンテナンスがおろそかになるためだと考えられています。

 

 

妊娠 歯医者

 

もし妊娠中に歯や歯ぐきが悪くなってしまったら、歯医者に行っても良いのでしょうか?

 

多くの歯医者さんは「ほとんどの治療は妊娠中でも問題ない」と答えています。レントゲンや麻酔が胎児に影響を与えるのではという心配をしてしまいますが、どちらも大丈夫です。

 

レントゲンは防護エプロンをしますし、被曝量も胎児に影響があるレベルにはとうてい届きません。麻酔はもともとそれほど濃度の高いものを歯医者では使っていません。

 

 

 

妊娠 歯医者

 

ただし、鎮痛剤や消炎剤、抗生物質の服用は通常通りというわけにはいなかいです。特に薬の影響を受けやすいとされる妊娠初期は要注意です。妊娠中またはその可能性を歯医者さんに告げて、胎児に影響しない薬を処方してもらいましょう。

 

歯の治療は、比較的安定している妊娠4ヶ月〜妊娠8ヶ月の間が最適でしょう。出産を終えてしまうとなかなか歯医者に足は向かいませんから。自治体によっては妊婦の歯科検診が無料の場合があるので確認してみましょう。