妊娠 自転車

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠 自転車

 

 

 

妊娠 自転車

 

妊娠中に自転車に乗ることは、やはり危険なことなのでしょうか?

 

「大丈夫だよ!」という人はほとんどいないと思います。何が問題視されているのかよく確認して、あとは自分で考えて判断しましょう。

 

妊娠中の自転車が危険だと言われている理由は、なんといっても「転倒」ですよね。

 

 

 

妊娠 自転車

 

普通に乗っている分には特に問題がなくても、急に何かが飛び出してきたとか、人や車通りの多い場所を自転車で通るとか、でこぼこや滑りやすいものがある道など、想定できない危険に遭った時、やっぱり妊娠中と普通の人とでは違います。結果早産や流産になった時に、後悔しないわけにはいかないのです。

 

特に妊娠中はお腹が大きくなって自分が思っているよりもバランスが悪いですし、足元も見えにくいです。いつもだったらとっさに取れていた急ブレーキや急ハンドル、転ばないように足をつく、などの行動が、妊娠中ではできないことも考えられます。

 

 

 

妊娠 自転車

 

また、下腹部を圧迫するような姿勢や、振動の影響も心配です。妊娠したら自転車には乗らない方が絶対に良いです。

 

しかし、実際の生活ではそうはいかない場合もありますよね。妊婦は歩けと言いますが、スーパーから重い荷物を持って歩くのは大変です。2人目以降の妊娠なら、上の子の送迎もしなくてはいけません。

 

ですが、できるだけ他の方法で生活できるよう工夫して、妊娠中のママは無理をして自転車には乗らないようにして欲しいと思います。