妊娠 パーマ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠 パーマ

 

 

 

妊娠 パーマ

 

妊娠中にパーマをかけても良いかどうか迷う人が多いのはどうしてでしょうか?身だしなみを整えるのは気分の良いことですし、おしゃれは楽しいものです。妊娠中でもパーマをあてて気分転換することは、問題ないことだと思います。

 

妊娠中にパーマをあてることで心配されるのは、
皮膚トラブルです。

 

 

妊娠中はホルモンバランスの変化で皮膚組織が敏感になっていて、普段よりも荒れやすいのです。そんな時にパーマに使う薬剤が皮膚に付着すると、かぶれたりする恐れがあります。

 

 

妊娠 パーマ

 

同じ理由でヘアカラーも使用に注意が表示されています。また、髪の毛も抜けやすくなっていたりして痛みやすい状態ですから、髪の健康にも良くありません。

 

しかし、パーマをあてることやパーマ液が直接的に妊娠中の胎児に影響するなんてことはないので安心して下さい。薬剤が皮膚から吸収されて胎盤を通して胎児に届いてしまうという説があるようですが、直接飲むわけでもないですし、もし胎盤を透過する成分だったとしても、そんな微量で流産や奇形・障害を引き起こすような薬は、美容院では使えません。

 

 

妊娠 パーマ

 

その他心配なのは、

  • あのパーマ独特の臭いでつわりが悪化すること、
  • 長時間同じ姿勢でいること、
  • 後期でお腹が大きい時に上向きでシャンプーすること

などです。

 

これは、ご自身と美容院で相談しながら、無理のないようにして下さい。