出血 妊娠

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事>出血 妊娠

 

 

妊娠 出血

 

妊娠中には、意外と出血を伴うことがよくあります。多くは特に問題のない生理的なものですが、出血の状態をよく観察して、思い込みで判断せず医師に相談するようにしましょう。

 

妊娠初期によく見られる出血に、「着床出血」があります。受精卵が子宮の内膜に着床する際、血管を傷つけて出血するものです。

 

ちょうど生理予定日あたりに起こることが多いので、生理と間違えてしまうことも少なくありません。そのため俗に「妊娠生理」と呼ぶことがあるそうですが、現象としては全く別のものです。

 

 

妊娠 出血

 

着床出血と生理の違いは、一般的に着床出血の方は量が少なく、期間も短いとされています。また生理は基礎体温が低温期に入ってから始まりますが、着床出血は高温期のまま起こります。

 

妊娠初期は着床出血や絨毛膜下血腫のような問題のない出血がほとんどですが、中後期に入ってからの出血には注意して下さい。切迫流産、切迫早産、常位胎盤早期剥離、前置胎盤などの深刻なケースの可能性があります。

 

 

 

妊娠 出血

 

 

 

このように、妊娠中には生理以外の出血(=不正出血)が多く見られます。

 

しかし、原因が妊娠でも生理でもない不正出血が妊娠中に起こる可能性もあります。腫瘍や炎症など、病的な理由による出血も考えられます。

 

しかし、子宮ガンなどに関しては、ほとんどの人が妊娠初期に細胞診を行っているはずですので、あまり心配する必要はありません。