妊娠 体重

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事>妊娠 体重

 

 

妊娠 体重

 

妊娠すると、妊婦健診で必ず体重を測るように求められます。
これは、いかに妊娠中の体重管理が重要かを物語っています。
妊娠中の体重管理はなぜ必要なのでしょうか?

 

それは、妊娠高血圧症(妊娠中毒症)を防ぎ、肥満で産道が狭くなって難産にならないようにするためです。また、安産以外にも、妊娠中に太り過ぎると、出産後元に戻すのが大変ということもあります。

 

妊娠中にどのくらいなら体重が増えても大丈夫かという目安は、実は皆が同じなわけではありません。よく+8kgまでとか+10kgまでとか言われますが、
体重増加の目安は妊娠前の肥満度によって変わってきます。もともと太り気味の人は、妊娠してもあまり体重が増えないようにしなければなりません。

 

 

 

妊娠 体重

 

<体重増加の目安>
※BMI=体重(kg)/身長×身長(m)

  • BMI18以下の人・・・+12kgまで
  • BMI19〜24の人・・・+ 8kgまで
  • BMI25〜28の人・・・+ 5kgまで
  • BMI29以上の人・・・太っちゃダメ!

 

妊娠中は体調や嗜好がコロコロ変わって
食欲に振りまわされやすい期間です。

 

 

 

妊娠 体重

 

  • つわりがなくなると急にご飯がおいしく感じてしまう、
  • 安定期に入ってつい安心して食べてしまう、
  • 後期になると急に甘いものが欲しくなる時期がある

など、なかなか気が抜けません。

 

食事のメニューを工夫し、適度に運動を取り入れるなどして、
体重には十分気をつけて下さい。

 

妊娠中のダイエットについては、こちらに詳しく載っています。