妊娠 腰痛

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事>妊娠 腰痛

 

 

妊娠 腰痛

 

妊娠中に腰痛になる人が多いということは聞いたことがあると思います。

 

お腹が大きくなるためだと思われがちですが、妊娠初期でもなることは珍しくありません。なぜ妊娠中は腰が痛くなるのでしょうか?また、どう対処したら良いのでしょうか?

 

妊娠中はホルモンの影響で腰痛になることがあります。妊娠中には、骨盤のじん帯を緩ませる働きのある「リラキシン」というホルモンの分泌がさかんになります。

 

 

妊娠 腰痛

 

 

じん帯が緩むと関節を支えるために骨盤周辺の筋肉に負担がかかり、痛みを引き起こします。

 

リラキシンは特に妊娠初期に増えるため、お腹が大きくなる前でも腰痛になるのです。

 

また、妊娠中の姿勢変化による腰痛もあります。お腹が大きくなると自然に腰を反らせたような姿勢になります。すると腰椎や腰を支える筋肉が緊張して腰痛になります。

 

 

妊娠 腰痛

 

 

妊娠中の腰痛には個人差がありますが、妊娠前からよく運動をして筋肉を鍛えている人はなりにくいと言われています。ですので、妊娠前や妊娠してからでも腰回りを柔軟にして筋肉を鍛える習慣があることが、腰痛の予防につながります。

 

といってもハードな筋トレ等をする必要はありません。ヨガやストレッチ、水泳やウォーキングで適度に血流を良くして、疲労をためないようにして下さい。

 

それでも痛みがひどいようなら、妊婦さん用のサポーターやベルトを使うと負担が軽くなります。