妊娠 インフルエンザ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事>妊娠 インフルエンザ

 

 

確かに、感染力の高いインフルエンザであれば、

 

妊娠中にインフルエンザの予防接種をすることは可能なのでしょうか?また、もしインフルエンザにかかってしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

 

妊娠中の人に対するインフルエンザの予防接種は、昔はすべきでないという考えが主流でしたが、最近では病院や機関によって対応してくれるところが増えています。

 

 

妊娠 インフルエンザ

 

妊婦への予防接種の安全性が十分に確認できていない一方で、インフルエンザにかかってしまう方の危険性を指摘する声もあり、判断が分かれるところです。多くの医院では、催奇形性の心配がなくなる妊娠後期であれば許可するというケースが多いようです。

 

確かに、感染力の高いインフルエンザであれば、
手洗いやうがい、外出を控えるなどの方法で完全に予防することは困難です。

 

それでもし感染してしまったら、妊娠中の人は心肺機能の低下により肺炎などの合併症をおこしやすいので、重症化することで早産などのリスクも高まります。

 

 

妊娠 インフルエンザ

 

もしインフルエンザにかかってしまったら、薬が使えない妊婦は数日間ただ高熱にうなされるしかないのでしょうか?実は、妊娠中でもタミフルやリレンザのような抗インフルエンザ薬を使うことはできます。

 

現在のところ、予防接種や抗インフルエンザ薬で母体や胎児に有害事象が起こったという報告はなされていません。妊婦は薬が飲めない、と思いこまず、医師に相談してみるのがよいでしょう。