妊娠高血圧症候群

妊娠中の心配事>妊娠高血圧症候群

 

 

妊娠高血圧症候群

 

妊娠中によく気をつけるように言われる
「妊娠高血圧症候群」とは、一体何でしょうか?

 

妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降に
高血圧やタンパク尿が出ることを言います。
以下のように分類されています。

 

  • 妊娠高血圧症(高血圧のみ)
  • 妊娠高血圧腎症(高血圧とタンパク尿両方)
  • 加重型妊娠高血圧腎症(妊娠前の高血圧と妊娠後のタンパク尿)
  • 子癇(高血圧とけいれん)

 

 

妊娠高血圧症候群

 

「妊娠中毒症」という病名を聞いたことがあると思いますが、これは2005年までの呼び名です。

 

高血圧、蛋白尿、むくみ(浮腫)のいずれかがあれば妊娠中毒症と診断されましたが、むくみは多くの妊婦が経験するため、その後基準が改正され、高血圧があってはじめて妊娠高血圧症候群と呼ぶようになりました。

 

妊娠高血圧症候群は、母体や胎児に深刻な影響を及ぼすことがあります。

 

 

妊娠高血圧症候群

 

母体にはけいれん、視覚障害、脳出血、心不全、
肝臓・腎臓障害などのリスクが高まり、

 

胎児には十分な栄養や酸素が行き届かず、
発育障害,胎児機能不全などのおそれがあります。

 

 

もともと高血圧の人など体質の差はありますが、妊娠高血圧症候群はある程度予防することができます。体重管理、バランスの良い食事、塩分を控える、ストレスを避けるなどの生活習慣が予防に役立ちます。