妊娠 貧血

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事>妊娠 貧血

 

 

妊娠 貧血

 

貧血とは、赤血球に含まれるヘモグロビンが減って、血液が薄まっている状態です。もともと若い女性は貧血になりやすいのですが、妊娠するとさらに発生率が高まります。なぜ妊娠すると貧血になりやすいのでしょうか?

 

貧血の主な原因は鉄分の不足です。妊娠すると胎児や胎盤に血液が必要になり、母体の循環血液量も1.5倍に増えます。

 

妊娠中は胎児が優先的に鉄分を吸収するので、いつもよりも多くの鉄分を摂取する必要があります。鉄分の必要量は胎児が成長するほど増加します。

 

 

妊娠 貧血

 

貧血になると、疲れやすい、冷え症になる、息切れするなどの症状がありますが、よほど重症でなければ自覚症状がないことがほとんどです。しかし、重症化すると酸素や栄養が胎児に届きにくくて栄養障害になる恐れがあります。

 

また、出産時には体力の低下から微弱陣痛になりやすく、血液が固まりにくいため出血量が多くなるなどのリスクがあります。さらに、母乳は血液から作られるため、出産後の授乳にも影響します。

 

 

妊娠 貧血

 

 

妊娠中にきちんと妊婦健診に通っていれば、貧血の管理や治療がきちんとされるのでそこまで重症化することは考えにくいですが、普段から食生活などで気をつけておくことも大切です。

 

赤身の肉や魚、レバー、ほうれん草や小松菜、ひじき、豆腐や納豆など、鉄分を多く含んだ食品を意識して摂るようにしましょう。