妊娠 おりもの

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事>妊娠 おりもの

 

 

妊娠 おりもの

 

おりものとは、子宮や膣から分泌される粘液のことです。膣内が乾燥しないようにする役割があります。また、細菌の侵入と繁殖を防ぐ働きもあります。

 

妊娠すると、一般的にはおりものの量が増えると言われています。ホルモンの影響を強く受けるようになるからです。おりものは体調や感染症によって変化するので、おりものの状態を見れば妊娠中のトラブルを発見するヒントになります。

 

通常のおりものの状態は、透明か白っぽい水状で、
やや酸性のすっぱいにおいがします。

 

 

 

妊娠 おりもの

 

妊娠中でやや量が増えることは異常ではありません。しかし、色や状態によっては、何らかの異常が発生している可能性があります。

 

<おりものによる妊娠トラブルのサインの例>

  • 黄色や緑色
  • ピンクや茶褐色
  • 常に水が出ているような感じ
  • 細かい泡状
  • 白くポロポロしている
  • (腐敗臭のような)きついにおい

 

 

妊娠 おりもの

 

 

本来は常在菌のはたらきで膣内は酸性に保たれているため、細菌などが繁殖しにくい状態なのですが、妊娠による疲労などでそのバランスが崩れると、炎症や感染症をおこしやすくなります。

 

とにかく早期発見・早期治療が大切です。
おりものはその良い判断材料になります。