妊娠 かゆみ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事>妊娠 かゆみ

 

 

妊娠 かゆみ

 

 

妊娠中は皮膚のトラブルを起こしやすい期間です。特にかゆみを感じる人が多いようです。妊娠中の皮膚のかゆみを
「妊娠性掻痒疹」といいます。

 

かゆみの原因はホルモンの影響です。妊娠するとエストロゲンというホルモンの分泌量が増えます。このエストロゲンの代謝物質は、肝臓の機能を低下させる作用があり、肝臓内に胆汁がたまります。

 

この胆汁の成分が皮膚組織にまで到達し、かゆみの原因になると考えられています。

 

 

妊娠 かゆみ

 

また、締め付けのきつい下着を着用することや、妊娠により代謝が活発になり、汗が増えることや皮膚の生まれ変わりが早くなることなども影響することがあります。

 

妊娠中の皮膚のかゆみの症状は、人それぞれ違います。

 

カサカサした乾燥肌の人は、とにかく保湿が大切です。保湿剤を塗るか、保湿成分の入った入浴剤でも良いでしょう。体を洗う時はナイロンやブラシは避けて、手や綿のタオルを使うようにしましょう。

 

 

妊娠 かゆみ

 

反対にポツポツとした湿疹状の人は、
こまめに洗って清潔に保つようにしましょう。

 

化粧品はノンオイルタイプが適しています。

 

湿疹は血行が良すぎるとかゆみを増しますから、
かゆくてどうしようもない時は冷すのも効果的です。

 

湿疹には薬を使った方が良いでしょう。
産婦人科か皮膚科で処方してもらえます。