妊娠 だるい

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>妊娠 だるい

 

 

妊娠 だるい

 

妊娠中に「だるい」と感じる人は多いものです。体が重い、やる気が出ないなど、身体的にも精神的にもだるいと感じるのです。どうして妊娠中はだるくなってしまうのでしょうか?

 

特に妊娠初期においては、だるさの原因はホルモンです。

 

妊娠するとすぐ体内に大量のホルモンが分泌され、その活動が中枢神経に影響して自律神経失調症のような症状を引き起こします。

 

 

 

妊娠 だるい

だるいと感じるのは自律神経失調症の代表的な症状です。また、眠気を誘う作用のある黄体ホルモンが増えることによってもだるさが増します。

 

ホルモンと言っても1種類ではありません。妊娠中はさまざまなホルモンの影響下にあります。エストロゲン、絨毛性ゴナドトロピン、プロゲステロンなどです。ホルモンが原因となってだるいと感じる期間は、主に妊娠初期です。安定期には治まる人が多いです。

 

ホルモン以外のだるさの原因もあります。

 

 

妊娠 だるい

 

妊娠中期や妊娠後期にかけては、お腹が大きくなって体重が増えることからだるいと感じます。

 

また、だるさとともにめまいや冷えなども感じるのであれば、原因は貧血かもしれません。貧血の場合は鉄分の豊富な食品を摂る、サプリメントや鉄剤を服用するなどの対策が必要です。

 

 

だるい時は、基本的にはゆったりしているのが良いと思いますが、精神的なだるさの場合は外出するなどした方が気分転換になることもあります。